西暦1571年 - 比叡山焼き討ち

天下布武の障害はすべて排除
延暦寺の根本中堂
天下統一を目指す織田信長 (おだのぶなが) にとって、大名だけでなく寺社勢力も乗り越えなければならない障害になっていた。
当時の寺社勢力は、農民層をはじめとして多数の信者を抱えるだけでなく有力大名と結びつきが強く、さらには僧兵集団を形成し、各地で勃発する一揆の後ろ楯となっていた。

比叡山延暦寺 (ひえいさんえんりゃくじ) もそのひとつで、僧たちは修行もせずに堕落していた。それでも神聖不可侵の地として崇められていたうえに、山全体が天然の要害となっていたため、籠城するには好都合であった。実際、織田軍に攻められた浅井長政 (あさいながまさ) 朝倉義景 (あさくらよしかげ) 連合軍は延暦寺に立てこもり、難を逃れたという経緯がある。
また、比叡山は北陸路と東国路の交差点になっている。山上には数多くの坊舎があり、数万の兵を擁することが可能な、戦略的に重要な拠点であった。

1571 年 9 月、織田信長は延暦寺を完全に包囲し、根本中堂をはじめとする数多くの建物を焼き払い、寺から逃れる者は女子供といえども殺害した。殺された者は 3 千人とも 4 千人ともいわれている。
1475 1525 1575 1625 1675 1571 比叡山焼き討ち 1534 1582 織田信長 1570 姉川の戦い 1547 1583 お市の方 1545 1573 浅井長政 1533 1573 朝倉義景 1583 賤ヶ岳の戦い 1536 1565 足利義輝 1538 1568 足利義栄 1537 1597 足利義昭 1573 室町幕府が滅ぶ 1553 1564 川中島の戦い 1530 1578 上杉謙信 1521 1573 武田信玄 1546 1582 武田勝頼 1560 桶狭間の戦い 1519 1560 今川義元 1539 1599 前田利家 1536 1598 豊臣秀吉 1573 三方ヶ原の戦い 1542 1616 徳川家康 1515 1571 北条氏康 1538 1590 北条氏政 1523 1563 毛利隆元 1530 1586 吉川元春 1533 1597 小早川隆景 1562 1591 北条氏直 1543 鉄砲伝来 1549 ザビエル来日 1522 1583 柴田勝家 1528 1582 明智光秀 1517 1593 正親町天皇 1522 1591 千利休 1546 1604 黒田如水 1575 長篠の戦い 1576 安土城の築城開始 1582 本能寺の変 1584 小牧・長久手の戦い 1585 豊臣秀吉が関白に任官 1582 1590 天正遣欧少年使節 1568 1609 ネーデルラント独立戦争 1527 1598 フェリペ2世 1562 1598 ユグノー戦争 1553 1610 アンリ4世 1519 1589 カトリーヌ・ド・メディシス 1503 1566 ノストラダムス 1551 1589 アンリ3世 1519 1574 コジモ1世 1512 1594 メルカトル 1545 1563 トリエント公会議 1533 1592 モンテーニュ 1533 1603 エリザベス1世 1543 1596 フランシス・ドレーク 1571 レパントの海戦 1572 ティコの新星 1546 1601 ティコ・ブラーエ 1541 1614 エル・グレコ 1582 グレゴリオ暦の導入 1547 1616 セルバンテス 1588 アルマダ戦争 1564 1616 シェークスピア 1561 1626 フランシス・ベーコン 1566 1625 ジェームズ1世 1600 「ハムレット」の完成 1571 1630 ケプラー 1559 1626 ヌルハチ 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1598 シビル・ハン国の滅亡 Tooltip
(この項おわり)
header