西暦1603年 - 江戸時代の始まり

徳川家康が征夷大将軍に任官

ヒーローおっさん (1603) 徳川幕府を開く

徳川家康
慶長8 年 2 月 12 日(1603 年 3 月 24 日)、徳川家康征夷大将軍 (せいいたいしょうぐん) に任じられた。これをもって江戸幕府の始まりとする。
1605 年、家康は将軍職を息子の秀忠 (ひでただ) に譲るが、大御所 (おおごしょ) として政治の実権を握り続ける。

江戸時代は、15 代将軍徳川慶喜 (とくがわよしのぶ) が 1867 年 11 月 9 日(慶応 3 年 10 月 14 日)に大政奉還を行うまで、264 年間続いた。

征夷大将軍と源氏長者

武家の時代にあっても、朝廷から授けられる官位は重要であった。
当初官位が無かった豊臣秀吉は、大規模な御所造営を望んでいる正親町天皇に多額の寄進するなど、朝廷工作を進めていた。天正 13 年(1585 年)7 月、近衛家に養子縁組を認めさせ、秀吉は藤原の姓を得て、従一位・関白の地位を手に入れる。
官位で徳川家康の上に立った秀吉は、天正 18 年(1590 年)7 月 13 日、小田原の陣の論功行賞で家康を関東に領地替えを命じた。家康は、この仕打ちに不満を漏らすことも無く、源氏姓を名乗り、東国武士を傘下に収めていった。

その頃、家康は、源氏長者の位を得れば、関白を超えられると考えていた。過去に、源氏長者であった将軍・足利義満 (あしかがよしみつ) は、明の永楽帝 (えいらくてい) から日本国王と認められた例があるからだ。

慶長元年(1596 年)、家康は正二位・内大臣の位に就く。
慶長3 年(1598 年)8 月 18 日、秀吉が没すると、五大老のうち最高の官位にあった家康は、事実上の筆頭家老になった。
関ヶ原の戦いで勝利した家康は朝廷工作を進め、慶長7 年(1602 年)正月、従一位になる。
慶長8 年(1603 年)2 月 12 日、天皇から征夷大将軍への任官と、内大臣・従一位・源朝臣 (みなもとあそん) の宣旨を賜り、ついに源氏長者となった。家康が、武家と公家の頂点に立った瞬間である。

徳川将軍家は、代々、征夷大将軍と源氏長者が受け継がれることになる。

日光東照宮

銅宝塔(徳川家康墓)- 日光東照宮
徳川家康を神格化した東照大権現 (とうしょうだいごんげん) を祀る日光東照宮(栃木県日光市山内 2301)の奥宮にある銅宝塔が徳川家康の墓である。

日光東照宮は江戸城の鬼門(北東の方角)に位置し、江戸の街を守っていると言われている。しかし地図を見ると、江戸城の真北よりやや西寄りに位置している。
日光東照宮の謎」(高藤晴俊/講談社/1996 年(平成 8 年)03 月)によれば、日光が江戸の守護神であることは間違いないが、それは北極星を神とする北辰信仰に基づくものだという。
日光は源頼朝の時代に開かれ、古くから修験道の霊山として、蝦夷との境界に位置する「関八州の鬼門」とされてきた。このことが鬼門の方位と混同されたのではないかという。
1525 1575 1625 1675 1603 徳川家康が征夷大将軍に任官 1542 1616 徳川家康 1600 関ヶ原の戦い 1560 1600 石田三成 1553 1625 毛利輝元 1564 1620 ウィリアム・アダムス 1582 1602 小早川秀秋 1568 1623 黒田長政 1561 1624 福島正則 1593 1615 豊臣秀頼 1546 1604 黒田如水 1579 1632 徳川秀忠 1573 1626 お江与の方 1567 1636 伊達政宗 1567 1615 真田幸村 1592 文禄の役 1597 慶長の役 1536 1598 豊臣秀吉 1567 1615 淀君 1585 豊臣秀吉が関白に任官 1582 1590 天正遣欧少年使節 1587 バテレン追放令 1588 刀狩り令 1588 聚楽第で大茶会が催される 1590 秀吉による天下統一 1591 千利休、切腹 1539 1599 前田利家 1567 1612 小西行長 1562 1611 加藤清正 1567 1612 有馬晴信 1571 1646 柳生宗矩 1536 1643 天海 1569 1633 崇伝 1573 室町幕府が滅ぶ 1583 賤ヶ岳の戦い 1584 小牧・長久手の戦い 1537 1597 足利義昭 1571 1617 後陽成天皇 1609 サンフランシスコ号が漂着 1613 慶長遣欧使節団がスペインへ出発 1571 1646 柳生宗矩 1584 1645 宮本武蔵 1614 大阪冬の陣 1615 武家諸法度、禁中並公家諸法度 1615 大阪夏の陣 1602 オランダ東インド会社設立 1600 イギリス東インド会社設立 1559 1626 ヌルハチ 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1600 「ハムレット」の完成 1564 1616 シェークスピア 1561 1626 フランシス・ベーコン 1588 アルマダ戦争 1533 1603 エリザベス1世 1543 1596 フランシス・ドレーク 1566 1625 ジェームズ1世 1568 1609 ネーデルラント独立戦争 1547 1616 セルバンテス 1619 ケプラーの法則 1571 1630 ケプラー 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1611 欽定訳聖書 1583 1645 フーゴー・グローティウス 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1598 シビル・ハン国の滅亡 1592 1666 シャー・ジャハーン 1571 1629 アッバース1世 Tooltip

参考書籍

表紙 戦国・織豊期の武家と天皇
著者 池享
出版社 校倉書房
サイズ 単行本
発売日 2003年10月
価格 6,480円(税込)
rakuten
ISBN 9784751734803
本書は、戦国・織豊期における武家の政治的支配と天皇がどのように関わっていたのかについて、著者が論じた文章をまとめたものである。
 

交通アクセス

【自動車】
  • 東北自動車道「宇都宮 I.C.」から日光宇都宮道路を経て「日光 I.C.」で下り、約 2 キロ。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:日光東照宮

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header