西暦1632年 - タージ・マハル着工

ムガル帝国の最盛期
タージ・マハル
ムガル帝国第5 代皇帝シャー・ジャハーンは、病没した愛妃ムムターズ・マハルのため、1632 年に総大理石の墓廟「タージ・マハル」の建設に着手する。1654 年頃に竣工したとされている。

インド・イスラーム文化の代表的建築で、世界遺産に指定されている。
権力闘争の末、1628 年、第5 代ムガル帝国皇帝の座に就いたフッラムは、「世界の皇帝」を意味するシャー・ジャハーンを名乗った。

祖父の第3 代皇帝アクバル以来、ムガル帝国は宗教寛容政策をとっていたが、ムスリムの間でイスラーム復興運動が盛んになるなどしたため、シャー・ジャハーンは他宗教に対して一定の制限を課した。

シャー・ジャハーンの治世、ムガル帝国の勢力はデカンに広がり、農業生産の向上などにより国庫歳入はアクバル時代の 2 倍にもなり、帝国は最盛期を迎える。その豊富な資金を建築や美術につぎ込み、インド・イスラーム文化は黄金期を迎える。

シャー・ジャハーンと愛妃ムムターズ・マハルの間には 14 人の子どもが産まれ、そのうち 7 人が成人した。だが、1630 年 6 月にムムターズ・マハルが産褥熱で死亡すると、シャー・ジャハーンは大いに悲しみ、頭髪はすべて白髪になってしまったという。
1632 年、シャー・ジャハーンはムムターズ・マハルの死を悼むために壮麗な墓廟タージ・マハルの建設事業に取りかかる。建設には巨費と膨大な労力が注ぎ込まれた。一辺57 メートル四方の土台の上に 58 メートルの高さの中央ドームと 42 メートルのミナレット 4 本が立ち、それらすべての外壁が象嵌彫刻の施された白大理石で覆われるという壮大な墓廟である。

タージ・マハルは、現存する白大理石のものに加えて黒大理石の廟がヤムナー川をはさんで建てられ、その 2 つを大理石の橋でつないだ壮観な廟となる予定だったという。しかし、1657 年 9 月、シャー・ジャハーンはデリーで重病となり、皇位継承戦争の勃発したため、黒い廟は、ついに建設されることはなかった。
1666 年 2 月、シャー・ジャハーンは死去した。その遺体はタージ・マハルに運ばれ、ムムターズ・マハルの遺体の横に安置された。
1425 1475 1525 1575 1625 1675 1725 1632 タージ・マハル着工 1592 1666 シャー・ジャハーン 1571 1629 アッバース1世 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1543 「天球の回転について」出版 1473 1543 コペルニクス 1572 ティコの新星 1546 1601 ティコ・ブラーエ 1619 ケプラーの法則 1571 1630 ケプラー 1611 欽定訳聖書 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1649 ピューリタン革命 1566 1625 ジェームズ1世 1600 「ハムレット」の完成 1564 1616 シェークスピア 1611 欽定訳聖書 1561 1626 フランシス・ベーコン 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1637 「方法叙説」の刊行 1596 1650 デカルト 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1648 清の建国 1559 1626 ヌルハチ 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1573 1626 崇源院(江) 1567 1615 淀殿(茶々) 1570 1633 常高院(初) 1579 1632 徳川秀忠 1604 1651 徳川家光 1545 1573 浅井長政 1547 1583 お市の方 1534 1582 織田信長 1582 本能寺の変 1590 秀吉による天下統一 1536 1598 豊臣秀吉 1593 1615 豊臣秀頼 1542 1616 徳川家康 1517 1593 正親町天皇 1571 1617 後陽成天皇 1596 1680 後水尾天皇 1623 1696 明正天皇 1573 室町幕府が滅ぶ 1537 1597 足利義昭 1573 三方ヶ原の戦い 1521 1573 武田信玄 1546 1582 武田勝頼 1530 1578 上杉謙信 1528 1582 明智光秀 1522 1591 千利休 1560 1600 石田三成 1600 関ヶ原の戦い 1567 1636 伊達政宗 1603 徳川家康が征夷大将軍に任官 1614 大阪冬の陣 1615 大阪夏の陣 1598 シビル・ハン国の滅亡 Tooltip
(この項おわり)
header