西暦1632年 - 「天文対話」出版

ガリレオは異端とされる
天文対話の表紙
1632 年 2 月 22 日、イタリアの物理学者で天文学者のガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei)が「天文対話」を出版する。正式な原題は「二つの宇宙体系すなわちプトレマイオスとコペルニクス説に関する対話」。

地動説を支持する者、天動説を信ずる者、良識的市民の 3 人が 4 日間にわたって議論を交わすという問答形式で構成されており、話の中から地動説の正しさが明らかにされていく。論文ではなく平易なイタリア語で書かれていたので、広く普及した。
ガリレオ自身は、オランダで発明された望遠鏡の噂を聞き、1609 年、天体望遠鏡を自作する。これを使い、1610 年に木星の衛星や月のクレーター、太陽の黒点を発見し、天体が完全な球体でないことを知る。

こうした観測結果をもとに地動説を唱えるが、ドミニコ会修道士ロリーニと論争になる。
1616 年、異端審問所審査で、ローマ教皇庁より注意を受ける。この時、コペルニクスの「天球の回転について」の出版が一時停止されるが、こちらは純粋な数学論文という解釈で、禁書は免れた。
注意処分にもかかわらずガリレオは「天文対話」を出版し、今度は異端審問所審査で終身刑を言い渡された(後に軟禁刑に減刑)。「天文対話」は禁書となり、この審問結果に屈したガリレオは「それでも地球は回っている」とつぶやいたと伝えられている。

その後、ガリレオは両眼を失明するが、振り子時計を発明するなど、1642 年に 78 歳で没するまで研究意欲は衰えなかった。

1737 年にガリレオの遺体がフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂に埋葬される際、崇拝者らにより指や歯が切り取られ、持ち去られていた。長い間行方知れずになっていたが、コレクターにより再発見された。

ガリレオによる海王星の記録

1612 年 12 月 28 日、ガリレオは木星の観測記録中に偶然に海王星を記録していた。
しかし、新しい惑星を発見したとは考えていなかったようだ。

正式に“海王星が発見”されるのは、それから 254 年後の 1846 年のことである。
1425 1475 1525 1575 1625 1675 1725 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1543 「天球の回転について」出版 1473 1543 コペルニクス 1572 ティコの新星 1546 1601 ティコ・ブラーエ 1619 ケプラーの法則 1571 1630 ケプラー 1611 欽定訳聖書 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1649 ピューリタン革命 1566 1625 ジェームズ1世 1600 「ハムレット」の完成 1564 1616 シェークスピア 1611 欽定訳聖書 1561 1626 フランシス・ベーコン 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1637 「方法叙説」の刊行 1596 1650 デカルト 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1648 清の建国 1559 1626 ヌルハチ 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1573 1626 崇源院(江) 1567 1615 淀殿(茶々) 1570 1633 常高院(初) 1579 1632 徳川秀忠 1604 1651 徳川家光 1545 1573 浅井長政 1547 1583 お市の方 1534 1582 織田信長 1582 本能寺の変 1590 秀吉による天下統一 1536 1598 豊臣秀吉 1593 1615 豊臣秀頼 1542 1616 徳川家康 1517 1593 正親町天皇 1571 1617 後陽成天皇 1596 1680 後水尾天皇 1623 1696 明正天皇 1573 室町幕府が滅ぶ 1537 1597 足利義昭 1573 三方ヶ原の戦い 1521 1573 武田信玄 1546 1582 武田勝頼 1530 1578 上杉謙信 1528 1582 明智光秀 1522 1591 千利休 1560 1600 石田三成 1600 関ヶ原の戦い 1567 1636 伊達政宗 1603 徳川家康が征夷大将軍に任官 1614 大阪冬の陣 1615 大阪夏の陣 1598 シビル・ハン国の滅亡 1592 1666 シャー・ジャハーン 1571 1629 アッバース1世 Tooltip

参考書籍

表紙 ガリレオ 星空を「宇宙」に変えた科学者
著者 フィリップ・スティ-ル/赤尾秀子
出版社 BL出版
サイズ 全集・双書
発売日 2009年07月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784776403517
 
表紙 天文対話(上)
著者 ガリレオ・ガリレイ/青木靖三
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1993年09月
価格 864円(税込)
rakuten
ISBN 9784003390610
コペルニクス体系の基礎を解明し、同時に新しい科学方法論を確立した不朽の名著。地動説論証のためにガリレイが直面しなければならなかったさまざまなスコラ学体系の難関・障壁と、それがいかにして突破されたかが如実に示されている。近代科学の黎明を告げる大著であり、科学革命の宣言書である。
 
表紙 天文対話(下)
著者 ガリレオ・ガリレイ/青木靖三
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1989年08月
価格 712円(税込)
rakuten
ISBN 9784003390627
本書の公刊は1632年。今日でこそ地動説は不動の真理として認められているが、ガリレイの生きた時代にあってはコペルニクス体系を支持することは容易なことでなく、この本を書いたためガリレイは異端審問にかけられた。しかし、地球の運動の証明に捧げられた本書は、新しい科学の方法論を確立した科学史上の古典として遺された。
 
(この項おわり)
header