西暦1643年 - 真空の発見

トリチェリの真空
トリチェリの真空
イタリアの物理学者エヴァンジェリスタ・トリチェリは、1641 年にローマに出るとガリレオ・ガリレイの弟子となり、ガリレイが死ぬまでともに研究を行った。

井戸から水を吸い上げる際、10 メートルより深い所からは吸い上げることができないということが古くから知られていた。1643 年、トリチェリはこれを説明するために、水銀柱を使った実験を行った。
一方の端が閉じた細長いガラス管に水銀を満たし、水銀を満たした皿に開いた方の端を立てると、ガラス管を満たす水銀柱は 76 センチの高さで止まってしまう。そして、水銀の表面とガラスの閉じた端の間は「真空」になる。
水と水銀の密度の比は約 1:14 であることから、水の場合は 76 センチの 14 倍、すなわち約 10 メートルになることが説明された。

トリチェリは、この現象は大気圧によって液体が押されるものだという結論に達し、水銀気圧計の発明者ともされる。
圧力の単位である Torr(トル)は、トリチェリの名にちなんでいる。
1525 1575 1625 1675 1725 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1600 1649 チャールズ1世 1630 1685 チャールズ2世 1649 ピューリタン革命 1599 1658 クロムウェル 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1641 鎖国の完成 1604 1651 徳川家光 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1636 日光東照宮 1628 1700 徳川光圀 1596 1680 後水尾天皇 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1592 1666 シャー・ジャハーン Tooltip
(この項おわり)
header