西暦1649年 - ピューリタン革命

イギリスの宗教革命
オリバー・クロムウェル
オリバー・クロムウェル
テューダー朝のエリザベス 1 世が没すると、1603 年、スコットランド王がジェームズ 1 世として即位した。ステュアート朝のはじまりである。
一方、三十年戦争の影響を受け、イギリスのプロテスタントであるピューリタン(清教徒)が市民層に広がっていた。
ところがジェームズ 1 世は王権神授説 (おうけんしんじゅせつ) を唱え、ピューリタンと議会を無視する。議会は「大抗議」を提出して対抗する。

ピリグリム・ファーザーズが新大陸を目指したのは、この頃である。
次のチャールズ 1 世(在位 1625~49 年)の時代には、議会は「権利の請願」を提出し、課税には議会の承認を得ることを求められる。また、スコットランドでは反乱が起きる。
チャールズ 1 世は国教統一を目指しピューリタンを弾圧したため、クロムウェル(Oliver Cromwell)が指導する独立派がピューリタン革命(清教徒革命)を起こす。そして、1649 年に国王チャールズ 1 世を処刑する。

ピューリタン革命は市民革命と呼ぶには不十分で、イギリスの宗教改革が不徹底なために起きた一種の宗教革命とみていいだろう。

国王の処刑後、クロムウェルはブルジョワジーの利益を最優先した政策を進めたため、革命に協力した底辺層の市民(水平派)はかえって弾圧を受けることとなる。
また、クロムウェルは、一切の娯楽を禁じる極端なピューリタニズム(清教徒主義)をとったため、市民の反発を受け、1660 年にフランスに亡命中のチャールズ 2 世が受け入れられ王政復古を果たす。

イギリス市民革命の流れ

  1. ステュアート朝の成立
  2. ピューリタン革命
  3. クロムウェルの独裁
  4. 王政復古
  5. 名誉革命
  6. ハノーバー朝の成立
1525 1575 1625 1675 1725 1649 ピューリタン革命 1600 1649 チャールズ1世 1599 1658 クロムウェル 1660 イングランド王政復古 1630 1685 チャールズ2世 1633 1701 ジェームズ2世 1688 名誉革命 1632 1704 ジョン・ロック 1648 ウェストファリア条約 1618 1648 三十年戦争 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1666 万有引力の法則 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1600 「ハムレット」の完成 1675 グリニッジ天文台の創設 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1636 ハーバード大学の創立 1689 ネルチンスク条約 1668 スウェーデン国立銀行の開業 1641 鎖国の完成 1604 1651 徳川家光 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1628 1700 徳川光圀 1596 1680 後水尾天皇 1592 1666 シャー・ジャハーン 1632 タージ・マハル着工 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1626 1643 ホンタイジ 1645 ポタラ宮殿の建設 1638 1661 順治帝 Tooltip
(この項おわり)
header