西暦1657年 - 明暦の大火

江戸時代最大の火災
江戸城天守台跡
明暦 3 年(1657 年)1 月 18 日、当時の江戸の大半を焼失する「明暦の大火 (めいれきのたいか) 」が起きる。振袖火事とも呼ばれる。

本郷本妙寺から出火して、翌日にかけて江戸城本丸を含む府内のほぼ 6 割を焼失し、江戸城天守閣も焼け落ちるという、江戸時代最大の火災であった。死者数は 3 万人から 10 万人に及ぶといわれている。
火災としては、東京大空襲、関東大震災などの戦禍・震災を除けば、日本史上最大のものである。
江戸城天守閣は、これ以降再建されなかった。(写真は現在に残る江戸城天守閣の石垣)
明暦の大火を契機に江戸の都市改造が行われ、市街地が拡大した。また、防災への取り組みも行われた。吉祥寺や下連雀など、郊外への移住も進んだ。
しかし、その後も江戸はしばしば大火に見舞われる。
1525 1575 1625 1675 1725 1657 明暦の大火 1654 玉川上水が完成 1641 鎖国の完成 1604 1651 徳川家光 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1636 日光東照宮 1628 1700 徳川光圀 1596 1680 後水尾天皇 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1649 ピューリタン革命 1566 1625 ジェームズ1世 1600 1649 チャールズ1世 1599 1658 クロムウェル 1630 1685 チャールズ2世 1648 ウェストファリア条約 1618 1648 三十年戦争 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1592 1666 シャー・ジャハーン 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 Tooltip

参考サイト

(この項おわり)
header