西暦1668年 - スウェーデン国立銀行の開業

世界初の中央銀行
スウェーデン国立銀行本店
1668 年 9 月 17 日、スウェーデン議会において国立諸階級銀行の設立を認可する法律が制定され、今日のスウェーデン国立銀行が開業する。政府による貨幣改鋳を契機に発足した新銀行は、兌換紙幣の発行に尽力し、世界初の中央銀行と認知されている。
1656 年に創設されたストックホルム銀行は、民営の融資銀行・為替銀行でありながら、スウェーデン国王カール 10 世に承認された政府機関として稼動した。動産・不動産を担保とする貸し付けを行うなど近代的な経営を実践したが、政府による貨幣の改鋳を契機に預金者が取り付けに殺到、1663 年、デフォルトを起こしてしまう。
スウェーデン国立銀行は、ストックホルム銀行での失敗を教訓に、その経営権を議会の監督下に置いた。また、ストックホルム銀行の資産・負債・雇用関係の一切を継承せずにスタートした。

紙幣の発行は法律で禁じられていたが、1743 年から兌換紙幣の発行をはじめる。当初は兌換額に制限があった。1747 年、偽造防止のため、銀行券印刷所がストックホルム郊外のツンバに設立された。

1867 年、各地に設立された国立諸階級銀行は統合され、議会によってスウェーデン国立銀行の名前が定められた。
1873 年(明治 6 年)、スウェーデンは隣国のデンマークとともに、金本位制度に基づくスカンディナヴィア通貨同盟を結成。1875 年(明治 8 年)にはノルウェーが加わり、共通の通貨単位「クローナ」を導入する。
1897 年(明治 30 年)、スウェーデン国立銀行は通貨の独占発行権を獲得した。

1968 年(昭和 43 年)、スウェーデン国立銀行の創立300 周年を機に、アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞が創設された。ノーベル経済学賞のことである。
1575 1625 1675 1725 1775 1668 スウェーデン国立銀行の開業 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1675 グリニッジ天文台の創設 1647 1719 ジョン・フラムスティード 1657 「月世界旅行記」の出版 1632 1704 ジョン・ロック 1646 1716 ライプニッツ 1651 「リヴァイアサン」の出版 1654 マクデブルクの半球 1649 ピューリタン革命 1688 名誉革命 1630 1685 チャールズ2世 1633 1701 ジェームズ2世 1662 1694 メアリー2世 1650 1702 ウィリアム3世 1638 1715 ルイ14世 1638 1683 マリー・テレーズ 1701 キャプテン・キッドの処刑 1645 1701 ウィリアム・キッド 1641 鎖国の完成 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1641 1680 徳川家綱 1628 1700 徳川光圀 1642 1693 井原西鶴 1685 生類憐れみの令 1646 1709 徳川綱吉 1689 おくのほそ道 1644 1694 松尾芭蕉 1596 1680 後水尾天皇 1623 1696 明正天皇 1648 清の建国 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1654 1722 康煕帝 1689 ネルチンスク条約 1672 1725 ピョートル1世 1688 1747 ナーディル・シャー Tooltip
(この項おわり)
header