西暦1689年 - ネルチンスク条約

清と欧州の間に結ばれた対等条約
康熙帝
清朝では、1661 年、順治帝 (じゅんちてい) の第3 子として生まれた康熙帝 (こうきてい) が 8 歳で即位した。中国市場最高の名君とされる。
重臣4 人による合議制だったが、15 歳の時に親政を始める。

1689 年、三藩の乱を治め、台湾を制圧した。
同じ年、ピョートル 1 世時代ののロシア帝国と対立するが、ネルチンスク条約を締結する。
1720 年、外交によってチベットの内乱を治めた。

康熙帝は自ら倹約に努め、使用人を 1 万人から数百人まで減らし、明代に 1 日で使った費用を 1 年間の宮廷費用としたと言われる。税制は潤い、減税も行った。
また、『康熙字典』、『大清会典』、『歴代題画』、『全唐詩』、『佩文韻府』などを編纂させた。
清朝は康照帝のもとで飛躍をとげる。薙正帝、乾隆帝とつづいた名君の治世は、未曾有の盛期であると同時に、ヨーロッパの圧力を感じはじめる時期でもあった。
ネルチンスク条約は、清とロシア帝国の満州における国境を黒竜江・外興安嶺(スタノヴォイ山脈)の線に定めるというもので、清とヨーロッパ国家との間に結ばれた初めての対等条約である。

対等条約ではあったが、ロシアは悲願である不凍港の確保に失敗し、摂政ソフィア・アレクセーエヴナの信用を失墜させた。ソフィアは修道院に幽閉された。ピョートルの母ナタリヤ・ナルイシキナが実権を回復し、1694 年に死去するまで国政を運営した。その後、ピョートル 1 世が親政を開始する。
1575 1625 1675 1725 1775 1689 ネルチンスク条約 1654 1722 康煕帝 1672 1725 ピョートル1世 1678 1735 雍正帝 1648 清の建国 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1688 名誉革命 1633 1701 ジェームズ2世 1650 1702 ウィリアム3世 1662 1694 メアリー2世 1649 ピューリタン革命 1600 1649 チャールズ1世 1599 1658 クロムウェル 1630 1685 チャールズ2世 1709 アン法の制定 1665 1714 アン 1660 1727 ジョージ1世 1710 マイセン陶磁器製作所の創立 1713 ユトレヒト条約 1666 万有引力の法則 1642 1727 ニュートン 1675 グリニッジ天文台の創設 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1632 1704 ジョン・ロック 1618 1648 三十年戦争 1605 1665 フェリペ4世 1638 1683 マリー・テレーズ 1638 1715 ルイ14世 1638 1715 ルイ14世 1646 1709 徳川綱吉 1685 生類憐れみの令 1658 1714 柳沢吉保 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1662 1712 徳川家宣 1642 1693 井原西鶴 1689 おくのほそ道 1644 1694 松尾芭蕉 1653 1724 近松門左衛門 1657 1725 新井白石 1623 1696 明正天皇 1688 1747 ナーディル・シャー Tooltip

ネルチンスクの位置

(この項おわり)
header