西暦1722年 - イースター島の発見

モアイ像は立っていた。
モアイ像
オランダの探検家ロッヘフェーンが、1722 年、ヨーロッパ人として初めてイースター島に到達した。発見した日がイースターであったことから「イースター島」と名付けたと言われる。

当時、島には 1,000 体を超えるモアイ像があり、島民が祈りを捧げていた。モアイは村の守り神と考えられている。

その後、村同士の抗争などによりモアイは倒された。
1600 1625 1650 1675 1700 1725 1750 1775 1722 イースター島の発見 1719 「ロビンソン・クルーソー」出版 1660 1731 ダニエル・デフォー 1676 1721 アレキサンダー・セルカーク 1722 イースター島の発見 1726 「ガリバー旅行記」の出版 1667 1745 スウィフト 1642 1727 ニュートン 1660 1727 ジョージ1世 1663 1729 トーマス・ニューコメン 1659 1729 ロッヘフェーン 1713 ユトレヒト条約 1638 1715 ルイ14世 1683 1746 フェリペ5世 1688 名誉革命 1709 アン法の制定 1665 1714 アン 1633 1701 ジェームズ2世 1632 1704 ジョン・ロック 1650 1702 ウィリアム3世 1685 1740 カール6世 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1709 1716 徳川家継 1716 享保の改革 1731 1732 享保の大飢饉 1677 1751 大岡忠相 1684 1751 徳川吉宗 1653 1724 近松門左衛門 1689 おくのほそ道 1657 1725 新井白石 1654 1722 康煕帝 1689 ネルチンスク条約 1678 1735 雍正帝 1689 ネルチンスク条約 1672 1725 ピョートル1世 1688 1747 ナーディル・シャー Tooltip
(この項おわり)
header