西暦1762年 - 「社会契約論」「エミール」が発禁に

ルソーに逮捕状
ジャン=ジャック・ルソー
フランスの啓蒙思想家ルソーは「社会契約論」と「エミール」を出版するが、体制を批判する内容であったため、フランス政府は発禁処分としたうえ、ルソーに逮捕状を出す。

ルソーはスイスに逃れるが、ジュネーブでも両書は発禁処分となった。

ルソーは愛人との間に子供を 5 人もうけたが、すべて孤児院に捨てている。
人間的には問題の多い人物であるが、1770 年に自伝『告白』(懺悔録)を書いて過ちを告白した。ところが期待した反応がなかったので、1778 年に自伝的随筆『孤独な散歩者の夢想』を書いている。
1625 1675 1725 1775 1825 1762 「社会契約論」「エミール」が発禁に 1712 1778 ルソー 1748 「法の精神」の出版 1689 1755 モンテスキュー 1771 「ブリタニカ百科事典」の完成 1769 ワット式蒸気機関 1756 1763 七年戦争 1740 1748 オーストリア継承戦争 1710 1774 ルイ15世 1717 1780 マリア・テレジア 1712 1786 フリードリヒ大王 1685 1740 カール6世 1683 1746 フェリペ5世 1685 1750 バッハ 1663 1729 トーマス・ニューコメン 1716 享保の改革 1731 1732 享保の大飢饉 1698 1769 青木昆陽 1677 1751 大岡忠相 1684 1751 徳川吉宗 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1709 1716 徳川家継 1689 おくのほそ道 1657 1725 新井白石 1654 1722 康煕帝 1689 ネルチンスク条約 1678 1735 雍正帝 1689 ネルチンスク条約 1672 1725 ピョートル1世 1688 1747 ナーディル・シャー Tooltip

主な著作

表紙 社会契約論
著者 ジャン・ジャック・ルソー/桑原武夫
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1983年11月
価格 777円(税込)
rakuten
ISBN 9784003362334
これはもっとも徹底的な人民主権論を説いた書物である。国家は個々人が互いに結合して、自由と平等を最大限に確保するために契約することによって成立する。ルソー(1712-78)はこの立場から既成の国家観をくつがえし、革命的な民主主義の思想を提示した。フランス革命の導火線となった近代デモクラシーの先駆的宣言の書。
 
表紙 エミール(上)
著者 ジャン・ジャック・ルソー/今野一雄
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 2007年10月
価格 1,188円(税込)
rakuten
ISBN 9784003362211
「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる」という冒頭の言葉が示すように、ルソー(1712-78)一流の自然礼讃、人為排斥の哲学を教育論として展開した書。ある教師がエミールという一人の平凡な人間を、誕生から結婚まで、自然という偉大な教師の指示に従って、いかに導いてゆくかを小説の形式で述べてゆく。
 
表紙 エミール(中)
著者 ジャン・ジャック・ルソー/今野一雄
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 2007年10月
価格 1,166円(税込)
rakuten
ISBN 9784003362228
人間は立派な者として生まれるが社会が彼を堕落させる、という根本命題に立って理想的な自然教育の原理を述べたこの書物に、ルソーは自らの哲学・宗教・教育・道徳・社会観の一切を盛りこんだ。本巻は、その哲学篇で、ルソーの感情主義哲学を率直に吐露したものとして殊のほか有名な「サヴォワ助任司祭の信仰告白」を含む第四篇を収める。
 
表紙 エミール(下)
著者 ジャン・ジャック・ルソー/今野一雄
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 2007年10月
価格 1,101円(税込)
rakuten
ISBN 9784003362235
自然と社会との対立や、自然の優位についてルソーがその処女論文「学問芸術論」以来一貫して主張してきた考えを教育論において全面的に展開した著作。エミールなる人間の教育方法とともに、その妻たるべき少女ソフィーの教育をも加えて、小説形式で述べた教育思想史上不朽の古典。巻末にルソーがスケッチ風に自画像を描いた「マルゼルブへの手紙」を収録。
 
表紙 人間不平等起源論
著者 ジャン・ジャック・ルソー/本田喜代治
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1982年11月
価格 842円(税込)
rakuten
ISBN 9784003362327
かつて人間は不平等のほとんど存在せぬ自然状態にあったが、歴史的な進歩という頽落の過程をへてついには「徳なき名誉、知恵なき理性、幸福なき快楽」だけをもつ存在に堕する。それが専制社会における人間の悲惨なのだ、とルソー(1712-78)は論じ、同時代の社会と文化を痛烈に批判した。いまも現代人に根元的な思索をうながしてやまぬ書。
 
表紙 孤独な散歩者の夢想
著者 ジャン・ジャック・ルソー/青柳瑞穂(仏文学)
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2006年07月
価格 464円(税込)
rakuten
ISBN 9784102007013
十八世紀以降の文学と哲学はルソーの影響を無視しては考えられない。しかし彼の晩年はまったく孤独であった。人生の長い路のはずれに来て、この孤独な散歩者は立ちどまる。彼はうしろを振返り、また目前にせまる暗闇のほうに眼をやる。そして左右にひらけている美しい夕暮れの景色に眺めいる。-自由な想念の世界で、自らの生涯を省みながら、断片的につづった十の哲学的な夢想。
 
(この項おわり)
header