西暦1776年 - アメリカ独立宣言

ワシントンが初代大統領に
「独立宣言への署名」(ジョン・トランブル画)
1776 年 7 月 4 日、フィアデルフィアでアメリカ独立宣言が採択される。

七年戦争の終結により北米でのフランスの脅威が無くなったことを受け、イギリスは植民地に遠慮無く課税した。ところがこのことが裏目に出て、植民地の独立気運が高まる。
イギリスは 1765 年、七年戦争で失った財政の穴埋めに、植民地におけるすべての出版物に税金をかける印紙税法を発布した。娯楽品であったトランプにまで課税されたため、植民地側は「代表なければ課税無し」と主張し、これに反対した。
印紙税法は間もなく撤回されるが、1773 年、財政難に陥った東インド会社を救済するために、植民地における茶の販売を東インド会社に独占させる「茶法」が発布された。怒った植民地側は、1773 年 12 月 16 日、ボストンに入港した東インド会社の船を襲い、積荷の茶を海に投げ捨てるという「ボストン茶会事件」に発展する。

そして、、1775 年の 4 月 19 日、イギリスと植民地の間で武力衝突が起きる(レキシントン・コンコードの戦い)。これが契機となり、アメリカ独立戦争がはじまる。独立軍側はワシントンが総司令官を務めた。
独立戦争の最中の 1776 年に採択されたのがアメリカ独立宣言である。これは、イギリスの啓蒙思想家ジョン・ロック(John Locke)が唱えた「自由と平等」「社会契約説」などを盛り込み、のちのフランス革命における人権宣言にも影響を与えた。

その後、1777 年のサラトガの戦い、1781 年のヨークタウンの戦いで独立軍は勝利し、1783 年 9 月 3 日のパリ条約で講和、独立戦争は終結する。
1787 年に合衆国憲法が制定され、1789 年にワシントンが初代大統領に就任する。
1675 1725 1775 1825 1875 1776 アメリカ独立宣言 1773 ボストン茶会事件 1775 1783 アメリカ独立戦争 1706 1790 ベンジャミン・フランクリン 1732 1789 ジョージ・ワシントン 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1789 1799 フランス革命 1754 1793 ルイ16世 1755 1793 マリー・アントワネット 1749 1791 オノーレ・ミラボー 1758 1794 ロベスピエール 1769 ワット式蒸気機関 1736 1819 ジェームズ・ワット 1723 1790 アダム・スミス 1783 熱気球の発明 1745 1799 ジャック・エティエンヌ・モンゴルフィエ 1740 1810 ジョセフ・ミシェル・モンゴルフィエ 1732 1809 ハイドン 1756 1791 モーツァルト 1774 質量保存の法則の発見 1743 1794 ラヴォアジェ 1781 天王星の発見 1738 1822 ハーシェル 1762 「社会契約論」「エミール」が発禁に 1712 1778 ルソー 1771 「ブリタニカ百科事典」の完成 1717 1783 ジャン・ル・ロン・ダランベール 1723 1790 アダム・スミス 1724 1804 イマヌエル・カント 1737 1798 ガルバーニ 1756 1763 七年戦争 1740 1748 オーストリア継承戦争 1712 1786 フリードリヒ2世 1717 1780 マリア・テレジア 1767 1786 田沼時代 1719 1788 田沼意次 1782 1787 天明の大飢饉 1737 1786 徳川家治 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1716 1783 与謝蕪村 1776 平賀源内によるエレキテルの実験 1728 1779 平賀源内 1723 1803 前野良沢 1730 1801 本居宣長 1745 1795 長谷川宣以 1774 解体新書 1733 1817 杉田玄白 1753 1806 喜多川歌麿 1745 1818 伊能忠敬 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1765 1831 十返舎一九 1760 1849 葛飾北斎 1711 1799 乾隆帝 1728 1762 ピョートル3世 1729 1796 エカチェリーナ2世 1703 1787 ムハンマド・イブン=アブドゥルワッハーブ Tooltip

参考書籍

表紙 アメリカ独立戦争 知られざる戦い
著者 ハワード・H.ペッカム/松田武(歴史学)
出版社 彩流社
サイズ 単行本
発売日 2002年11月
価格 3,024円(税込)
rakuten
ISBN 9784882027782
「無から作り出された」アメリカ軍が、「ほとんどの戦闘に敗北したにもかかわらず、戦争に勝利した」パラドックスの本質を描く。
 
(この項おわり)
header