西暦1802年 - 「東海道中膝栗毛」の出版

ベストセラーの誕生
弥次さん、喜多さんの銅像
十返舎一九 (じっぺんしゃいっく) は、享和 2 年(1802 年)から文化 11 年(1814 年)にかけて「東海道中膝栗毛 (とうかいどうちゅうひざくりげ) 」という滑稽本を出版する。

江戸神田八丁堀の住人、栃面屋弥次郎兵衛 (とちめんややじろべえ) と、居候の喜多八 (きたはち) が、東海道を江戸から伊勢神宮へお伊勢参りに出掛け、さらに京都、大坂へとめぐる物語。道中の 2 人は、狂歌・洒落・冗談をかわし合い、行く先々で騒ぎを起こすというストーリー。登場人物の弥次さん、喜多さんは、現代でも親しまれている。
十返舎一九
滑稽本は会話文を主体とした平易な文章で、単純な言葉の引っかけや常識から逸脱した言動、下ネタなどで大衆的な読者の笑いを誘う。当時の落語と影響を与え合っている。
廉価な作品が多く、人々の識字率が高まってきた文化・文政期において、数多く出版されるようになった。

「東海道中膝栗毛」は大ベストセラーとなり、続編の「続膝栗毛」が文化 7 年(1810 年)から文政 5 年(1822 年)にかけて刊行され、一九は原稿料だけで生計を支えたといわれている。
十返舎一九は、かなり破天荒な性格であったらしい。
武士の子として駿府(現在の静岡市)に生まれ、江戸に出て武家奉公をした。19 歳で大阪へ移るが、間もなく浪人の身となり、義太夫語りに頼って浄瑠璃作者となった。
その後独学で、黄表紙のほか、洒落本、人情本、読本、合巻、狂歌集など、さらには教科書的な文例集まで書いた。筆耕・版下書き・挿絵描きなど、自作以外の出版の手伝いもしており、版元にとっては便利な人物であった。
ただ、もらった原稿料ですぐ酒を買い、翌日には無一文になるという放蕩ぶりが災いして、私生活はけっして豊かではなかった。二度の離婚を経験している。
当時、江戸では町人を中心とした化政文化が花開いた。ちょうどその時に出版された「東海道中膝栗毛」は大ベストセラーとなった。

天保 2 年(1831 年)8 月 7 日、67 歳で没した。
最期を看取った弟子には、着物を変えずに火葬にしてほしいと遺言した。そこで荼毘に付すと、一九があらかじめ体に仕込んでおいた花火に点火し、それが上がったという逸話が残っている。
辞世の句は

此世をば どりやおいとまに せん香と ともにつひには 灰左様なら


最期まで人を楽しませることを忘れなかった人である。
1675 1725 1775 1825 1875 1802 1822 「東海道中膝栗毛」 1765 1831 十返舎一九 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1782 1787 天明の大飢饉 1745 1795 長谷川宣以 1773 1841 徳川家斉 1737 1786 徳川家治 1767 1786 田沼時代 1719 1788 田沼意次 1716 1783 与謝蕪村 1776 平賀源内によるエレキテルの実験 1728 1779 平賀源内 1723 1803 前野良沢 1730 1801 本居宣長 1774 解体新書 1733 1817 杉田玄白 1753 1806 喜多川歌麿 1745 1818 伊能忠敬 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1760 1849 葛飾北斎 1775 1844 間宮林蔵 1776 1843 平田篤胤 1809 間宮海峡の発見 1783 1842 柳亭種彦 1797 1832 鼠小僧次郎吉 1793 1837 大塩平八郎 1793 1841 渡辺崋山 1800 ボルタが電池を発明 1745 1827 ボルタ 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1790 1832 シャンポリオン 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1763 1814 ジョゼフィーヌ 1814 ウィーン会議 1815 神聖同盟 1773 1859 メッテルニヒ 1789 1799 フランス革命 1754 1793 ルイ16世 1755 1793 マリー・アントワネット 1749 1791 オノーレ・ミラボー 1758 1794 ロベスピエール 1755 1824 ルイ18世 1757 1836 シャルル10世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1759 1806 ウィリアム・ピット 1812 1814 米英戦争 1796 種痘の実施 1749 1823 ジェンナー 1781 天王星の発見 1738 1822 ハーシェル 1738 1820 ジョージ3世 1732 1809 ハイドン 1756 1791 モーツァルト 1770 1827 ベートーベン 1774 質量保存の法則の発見 1743 1794 ラヴォアジェ 1771 「ブリタニカ百科事典」の完成 1762 1814 フィヒテ 1749 1832 ゲーテ 1724 1804 イマヌエル・カント 1766 1834 トマス・マルサス 1770 1831 ヘーゲル 1776 アメリカ独立宣言 1773 ボストン茶会事件 1775 1783 アメリカ独立戦争 1706 1790 ベンジャミン・フランクリン 1732 1789 ジョージ・ワシントン 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1810 1821 メキシコ独立戦争 1753 1811 ミゲル・イダルゴ 1783 1824 イトゥルビデ Tooltip

参考書籍

表紙 東海道中膝栗毛
著者 来栖良夫/二俣英五郎
出版社 童心社
サイズ 全集・双書
発売日 2009年02月
価格 2,160円(税込)
rakuten
ISBN 9784494019847
 
表紙 江戸っ子はなぜ宵越しの銭を持たないのか
著者 田中優子
出版社 小学館
サイズ 新書
発売日 2010年06月
価格 777円(税込)
rakuten
ISBN 9784098250844
金離れがよく、物事に執着しない「江戸っ子」の美学は、どのように育まれたのか?落語に息づく人々の暮らしをひもとけば、現代人が忘れてしまった、まっとうな「しあわせ」が見えてくる。江戸の社会・文化を渉猟し、現代への明敏な批判としてよみがえらせてきた気鋭の江戸学者が世に問う、初めての本格的「落語論」。
 
(この項おわり)
header