西暦1839年 - 蛮社の獄

蘭学を弾圧
江戸後期、蘭学 (らんがく) が隆盛する。当時、尚歯会 (しょうしかい) という蘭学の研究グループを開いていた渡辺崋山 (わたなべかざん) がリーダー格であったが、旧来の国学者たちは蔑みの意味を込めて「蛮社 (ばんしゃ) 」と呼ばれていた。

当時の幕府は儒学の中でも朱子学のみを正統な学問としており、林羅山 (はやしらざん) からはじまる林家の流れをくむ幕臣の鳥居耀蔵 (とりいようぞう) が暗躍し、蘭学を厳しく取り締まった。これが「蛮社の獄 (ばんしゃのごく) 」である。
渡辺崋山は藩主に迷惑がかかることを恐れ自害した。
また、シーボルト鳴滝塾 (なるたきじゅく) で蘭学を学んだ高野長英 (こうのちょうえい) も、崋山とともに尚歯会に参加しており、蛮社の獄を逃れ逃亡生活を送るが、6 年後に捕らえられそうになり自害した。

1841 年、鳥居耀蔵は江戸南町奉行となり、天保の改革を断行するために豪腕をふるう。
同じ頃に北町奉行を務めていたのが名奉行、遠山金四郎 (とおやまきんしろう) (景元)である。遠山は改革に批判的であったために、鳥居や老中、水野忠邦 (みずのただくに) によって失脚させられてしまう。
一方、鳥居も水野と衝突するようになり、職を解かれ、1845 年、讃岐国丸亀藩に軟禁される。
1725 1775 1825 1875 1925 1839 蛮社の獄 1793 1841 渡辺崋山 1804 1850 高野長英 1828 シーボルト事件 1796 1866 シーボルト 1815 1875 鳥居耀蔵 1793 1855 遠山金四郎 1794 1851 水野忠邦 1825 「四谷怪談」の初演 1814 1842 「南総里見八犬伝」 1767 1848 曲亭馬琴 1776 1843 平田篤胤 1775 1844 間宮林蔵 1832 鼠小僧の処刑 1829 1842 「偐紫田舎源氏」 1802 1850 勝小吉 1843 「夢酔独言」 1833 1837 天保の大飢饉 1841 1843 天保の改革 1837 大塩平八郎の乱 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1830 1859 吉田松陰 1853 ペリー来航 1824 1858 徳川家定 1800 1846 仁孝天皇 1831 1866 孝明天皇 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1856 1860 アロー戦争 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1830 七月革命 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1773 1859 メッテルニヒ 1808 1873 ナポレオン3世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1805 1894 レセップス 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1815 神聖同盟 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1842 1918 アブデュルハミト2世 1809 1865 リンカーン 1777 1825 アレクサンドル1世 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1815 神聖同盟 1854 1856 クリミア戦争 1857 1859 セポイの乱 1769 1849 ムハンマド・アリー 1810 1821 メキシコ独立戦争 1783 1824 イトゥルビデ 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 「蛮社の獄」のすべて
著者 田中弘之
出版社 吉川弘文館
サイズ 単行本
発売日 2011年07月
価格 4,104円(税込)
rakuten
ISBN 9784642080590
幕末前夜、高野長英や渡辺崋山らが弾圧された「蛮社の獄」。しかし、幕府の目付鳥居耀蔵は、崋山とは無関係な無人島渡海事件を重視するなど、多くの謎が存在する。奉行所での取り調べにも注目し、事件の真相に迫る。
 
(この項おわり)
header