西暦1842年 - 二宮尊徳、幕府に登用

報徳仕法で財政再建
二宮尊徳像
1842 年(天保 13 年)、二宮尊徳 (にのみやそんとく) (通称、金次郎)は、天保の改革を行っていた幕府に登用され、日光山領の仕法 (しほう) などを行う。

尊徳は、天明 7 年(1787 年)7 月 23 日、相模国足柄上郡栢山村(現在、神奈川県小田原市栢山 2065-1)に百姓利右衛門の長男として産まれた。現在、生家の近くには尊徳記念館が建っている。
尊徳が 5 歳の時、洪水で酒匂川が決壊し、父の田畑が流出してしまう。14 歳の時には父が、その 2 年後には母も他界した。

尊徳は伯父の家に預けられ、農業に励む傍ら、荒れ地を復興したり、残った田畑を小作人に貸すなどして収入を増やしていき、20 歳で生家を復興した。
尊徳は地主経営を行いながら、自らは小田原藩家老服部家に奉公した。やがて服部家の財政建て直しに成功し、小田原藩内で有名になる。
尊徳の教えは報徳思想 (ほうとくしそう) と呼ばれ、経済と道徳の融和を説いた。つまり、私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されるというもの
報徳思想に基づいた尊徳の財政再建手法は「報徳仕法 (ほうとくしほう) 」と呼ばれ、他の農村の規範にもなった。
現在も、公益法人大日本報徳社と全国の報徳社が中心となって報徳思想の普及活動に努めている。

尊徳は、安政 3 年(1856 年)10 月 20 日(旧暦)に死去し、1891 年(明治 24 年)に従四位が追贈された。

尊徳には様々な逸話が残っている。
  • 子供の頃、わらじを編んで金を稼ぎ、父のために酒を買った。
  • 伯父の家にいるときには寝る間も惜しんで読書をしたが、油代がもったいないと言われた。そこで、荒地に菜種をまいて収穫した種を菜種油と交換し、それを燃やして勉学を続けた。
  • 村人らに反感を持たれ復興事業が上手く行かなくなると、突然行方不明になった。間もなく成田山で断食修業していることが判明。修業を終えて戻ると村人らの反感もなくなっていた。


戦前、各地の学校に建てられた二宮尊徳像は、薪を背負いながら本を読んで歩く姿である。この記述は、尊徳の死後の 1881 年(明治 14 年)に刊行された伝記「報徳記」に初めてあらわれる。その 10 年後に刊行された「二宮尊徳翁」(幸田露伴)の挿絵に、その姿が描かれている。
戦前の尊徳像は銅製のものが多く、これらの多くが太平洋戦争中の金属供出によって溶かされてしまった。
1725 1775 1825 1875 1925 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1787 1856 二宮尊徳 1841 1843 天保の改革 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1815 1875 鳥居耀蔵 1833 1837 天保の大飢饉 1843 「夢酔独言」 1802 1850 勝小吉 1837 大塩平八郎の乱 1839 蛮社の獄 1831 1866 孝明天皇 1853 ペリー来航 1794 1858 ペリー 1804 1878 ハリス 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1800 1875 新門辰五郎 1829 1865 武市瑞山 1824 1869 大村益次郎 1827 1872 山内容堂 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1865 亀山社中 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1773 1841 徳川家斉 1793 1853 徳川家慶 1824 1858 徳川家定 1800 1846 仁孝天皇 1831 1866 孝明天皇 1856 1860 アロー戦争 1840 1842 アヘン戦争 1782 1850 道光帝 1831 1861 咸豊帝 1785 1850 林則徐 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1830 七月革命 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1773 1859 メッテルニヒ 1808 1873 ナポレオン3世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1805 1894 レセップス 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1815 神聖同盟 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1842 1918 アブデュルハミト2世 1809 1865 リンカーン 1777 1825 アレクサンドル1世 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1815 神聖同盟 1854 1856 クリミア戦争 1857 1859 セポイの乱 1769 1849 ムハンマド・アリー 1810 1821 メキシコ独立戦争 1783 1824 イトゥルビデ 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 報徳記
著者 富田高慶/佐々井信太郎
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 1991年10月
価格 648円(税込)
rakuten
ISBN 9784003304518
 

参考サイト

二宮尊徳の生家付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:二宮尊徳の生家
(この項おわり)
header