西暦1843年 - 「夢酔独言」の出版

勝海舟の父による戒め
勝小吉
天保 14 年(1843 年)、勝海舟 (かつかいしゅう) の父・勝小吉 (かつこきち) は、自らの遍歴をくだけた口語調の文体で記した「夢酔独言 (むすいどくげん) 」を出版する。
勝小吉は、享和 2 年(1802 年)、旗本・男谷平蔵の三男として産まれる。7 歳で貧乏旗本・勝甚三郎の養子に出されるが、14 歳の時、出奔。4ヶ月に及ぶお伊勢回りの乞食旅を経て帰宅する。
旅で得た怪我が元で 2 年ほどは外に出ずに過ごし、その後、剣の鍛錬と喧嘩、吉原通いに明け暮れる。

勝小吉は、ついに借金で身動きがとれなくなり、身重の妻を残して 21 歳で再び出奔。
甥の新太郎(後の剣聖・男谷信友 (おたにのぶとも) )に説得され帰宅するが、父によって丸 3 年間座敷牢に押し込められる。この間に長男・麟太郎 (りんたろう) (のちの勝海舟)が産まれる。

ちなみに、剣の強さから江戸市中には並ぶ者がいないと言われた男谷信友であったが、小吉は彼を右腕1 本で倒してしまうほど喧嘩が強かったと言われている。町火消しの新門辰五郎 (しんもんたつごろう) は、小吉のことを「喧嘩で右に出る者なし」と評した。

麟太郎が 3 歳になると、小吉は隠居して家督を譲りたいと主張するが、父に「少しは働け」と言われ、就職活動をする。しかし、日頃の行いのせいか、なかなか役を得る事はできなかった。生活費は処道具の売買、刀の目利きなどをして稼いでいたという。

天保 7 年(1836 年)、娘のお順が産まれる。後に佐久間象山 (さくましょうざん) の妻となる。

小吉は 37 歳で隠居し、鶯谷に庵を結び、夢酔 (むすい) と号す。
42 歳で「夢酔独言」を著す。

おれほどの馬鹿な者は世の中にあんまり有るまいとおもふ。故に孫やひこのために、はなしてきかせるが、能能不法もの、馬鹿者のいましめにするがいゝぜ


このように、子孫への戒めのために記されたとされている。

嘉永 3 年(1850 年)、49 歳で死去。最期まで士官しなかった。
こうした父の性格を受け継いだものなのか、息子の勝海舟は、江戸幕府・明治政府に仕えながらも、幕府・政府とは一線を引いている面がある。明治時代になってから、「オレは、(幕府)瓦解の際、日本国のことを思って徳川三百年の歴史も振り返らなかった」と語っている。
1725 1775 1825 1875 1925 1843 「夢酔独言」 1802 1850 勝小吉 1800 1875 新門辰五郎 1811 1864 佐久間象山 1841 1843 天保の改革 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1815 1875 鳥居耀蔵 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1787 1856 二宮尊徳 1833 1837 天保の大飢饉 1837 大塩平八郎の乱 1839 蛮社の獄 1831 1866 孝明天皇 1853 ペリー来航 1794 1858 ペリー 1804 1878 ハリス 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1829 1865 武市瑞山 1824 1869 大村益次郎 1827 1872 山内容堂 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1865 亀山社中 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1773 1841 徳川家斉 1793 1853 徳川家慶 1824 1858 徳川家定 1800 1846 仁孝天皇 1831 1866 孝明天皇 1856 1860 アロー戦争 1840 1842 アヘン戦争 1782 1850 道光帝 1831 1861 咸豊帝 1785 1850 林則徐 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1830 七月革命 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1773 1859 メッテルニヒ 1808 1873 ナポレオン3世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1805 1894 レセップス 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1815 神聖同盟 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1842 1918 アブデュルハミト2世 1809 1865 リンカーン 1777 1825 アレクサンドル1世 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1815 神聖同盟 1854 1856 クリミア戦争 1857 1859 セポイの乱 1769 1849 ムハンマド・アリー 1810 1821 メキシコ独立戦争 1783 1824 イトゥルビデ 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 夢酔独言
著者 勝小吉/勝部真長
出版社 教育出版
サイズ 全集・双書
発売日 2003年12月
価格 864円(税込)
rakuten
ISBN 9784316800356
両人はかれこれというゆえに、その時おれが出て、「その書き付けを見せろ。」と取り上げて見て、燭台の火へかざし、見るふりして焼いてしまったら、両人が色をかえてぐずぐずいうから、「おれがしたがかれこれいうはいかがの心得だ。そのほう両人はわけておれにこれまで刃向こうたが、格別の勘弁をしておくに不届きのやつだ。」とおどかしてやったらば大いにこわがったゆえ、「この証文は夢酔がもらっておく。」とて立って座敷へはいったら、両人は「恐れ入りました。」とて早々帰ったゆえ、百五十両は一言にてふんでしまった。なんでも人はいきおいがかんじだとおもった。-『おれほどの馬鹿な者は世の中にあんまり有るまいとおもふ。故に孫やひこのために、はなしてきかせるが、能能不法もの、馬鹿者のいましめにするがいゝぜ』幕末を生きた勝海舟の父・勝小吉が語る破天荒な自伝。大きな文字、やさしい表記、親切な脚注付き。
 
表紙 江戸っ子はなぜ宵越しの銭を持たないのか
著者 田中優子
出版社 小学館
サイズ 新書
発売日 2010年06月
価格 777円(税込)
rakuten
ISBN 9784098250844
金離れがよく、物事に執着しない「江戸っ子」の美学は、どのように育まれたのか?落語に息づく人々の暮らしをひもとけば、現代人が忘れてしまった、まっとうな「しあわせ」が見えてくる。江戸の社会・文化を渉猟し、現代への明敏な批判としてよみがえらせてきた気鋭の江戸学者が世に問う、初めての本格的「落語論」。
 
(この項おわり)
header