西暦1850年 - 太平天国の乱

中国最大の内乱
長江での太平天国軍と清軍との戦い
清は、アヘン戦争アロー戦争によってアヘン流入と多額の賠償金を背負うことになり、物価高騰と重税が国民を苦しめた。

1850 年 1 月 11 日、広東州で洪秀全 (こうしゅうぜん) が天王を自称し、キリスト教の信仰を取り入れた教団「太平天国 (たいへいてんごく) 」が大規模な反乱を起こす。太平天国の乱の始まりである。
清は、アヘン戦争で左遷した林則徐 (りんそくじょ) を召還するが、任地へ向かう途中で病死。内乱を収拾する力を失い、地方の有力者である郷勇 (きょうゆう) や、イギリス、フランスが鎮圧にあたり、清の弱体化が一層進んだ。
太平天国の乱は、内乱としては史上最悪の死者数を記録している。当時の中国の人口の 12 分の 1 に当たる 3000 万人近くが死亡したといわれている。
1725 1775 1825 1875 1925 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1785 1850 林則徐 1856 1860 アロー戦争 1840 1842 アヘン戦争 1782 1850 道光帝 1831 1861 咸豊帝 1848 二月革命 1773 1850 ルイ・フィリップ 1808 1873 ナポレオン3世 1805 1894 レセップス 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 七月革命 1773 1859 メッテルニヒ 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1810 1821 メキシコ独立戦争 1783 1824 イトゥルビデ 1809 1865 リンカーン 1843 「夢酔独言」 1802 1850 勝小吉 1800 1875 新門辰五郎 1811 1864 佐久間象山 1841 1843 天保の改革 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1815 1875 鳥居耀蔵 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1787 1856 二宮尊徳 1833 1837 天保の大飢饉 1837 大塩平八郎の乱 1839 蛮社の獄 1831 1866 孝明天皇 1853 ペリー来航 1794 1858 ペリー 1804 1878 ハリス 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1829 1865 武市瑞山 1824 1869 大村益次郎 1827 1872 山内容堂 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1865 亀山社中 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1773 1841 徳川家斉 1793 1853 徳川家慶 1824 1858 徳川家定 1800 1846 仁孝天皇 1831 1866 孝明天皇 1815 神聖同盟 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1842 1918 アブデュルハミト2世 1777 1825 アレクサンドル1世 1796 1855 ニコライ1世 1818 1881 アレクサンドル2世 1815 神聖同盟 1854 1856 クリミア戦争 1857 1859 セポイの乱 1769 1849 ムハンマド・アリー Tooltip
(この項おわり)
header