西暦1857年 - セポイの乱

インド帝国成立へ
セポイの乱
イギリス東インド会社のインド人傭兵部隊セポイ(ジバーヒー)たちは、1857 年 5 月に蜂起する。セポイの乱である。
この反乱の直接的原因は、イギリスで新たに採用されたライフル銃の薬包にヒンドゥー教徒が神聖視する牛の脂とイスラム教徒が不浄とみなしている豚の脂が使われているというデマが流れたためである。その背景には、イギリスがインドの資源を奪い良質な綿製品を販売することでインド国内経済がインフレに陥ったにもかかわらず、セポイたちの給料が上がらなかったことなどがある。

イギリス軍は反乱軍を各個撃破し、1850 年にはほぼ鎮圧される。

この反乱によってムガル帝国は完全に消滅するとともに、イギリスに反対する勢力も衰えた。イギリスは東インド会社にインド全土を統治させるのはリスクが高いと判断し、1858 年のインド統治法で直接統治に切り替える。そして、1877 年(明治 10 年)にはイギリスのヴィクトリア女王を皇帝とするインド帝国が成立する。
1725 1775 1825 1875 1925 1857 1859 セポイの乱 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1808 1873 ナポレオン3世 1805 1894 レセップス 1848 二月革命 1848 1849 フランクフルト国民議会 1830 七月革命 1773 1859 メッテルニヒ 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1861 イタリア王国の成立 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1812 1910 ヨハン・ゴットフリート・ガレ 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1822 1884 メンデル 1822 1895 ルイ・パスツール 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1854 1856 クリミア戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1796 1855 ニコライ1世 1820 1910 ナイチンゲール 1861 農奴解放令 1877 1878 露土戦争 1809 1865 リンカーン 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1853 ペリー来航 1804 1878 ハリス 1819 1857 阿部正弘 1810 1864 堀田正睦 1827 1898 中浜万次郎 1828 1899 勝海舟 1834 1901 福沢諭吉 1859 安政の大獄 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1815 1875 鳥居耀蔵 1842 二宮尊徳、幕府に登用 1830 1859 吉田松陰 1800 1875 新門辰五郎 1829 1865 武市瑞山 1824 1869 大村益次郎 1827 1872 山内容堂 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1865 亀山社中 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1833 1877 木戸孝允 1867 大政奉還 1824 1858 徳川家定 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1856 1860 アロー戦争 1840 1842 アヘン戦争 1831 1861 咸豊帝 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 Tooltip
(この項おわり)
header