西暦1861年 - 農奴解放令

ロシアの近代化
アレクサンドル2世
クリミア戦争の敗戦で国内近代化の必要性を感じたロシア皇帝アレクサンドル 2 世は、1861 年、農奴解放令を出し、土地を有償でミール(農村共同体)単位に払い下げた。

その結果、農奴身分から解放された一部の者は都市労働者となり資本主義の基盤なり、他の一部はミールを中心として「ヴ=ナロード」(人民の中へ)をスローガンに社会主義の建設を目指すナロードニキ(人民主義者)運動を展開する。
しかし、保守的な農民に改革を促すことはままならず、ニヒリズムやテロリズムへ走る者も出る。アレクサンドル 2 世もテロの標的となり、ナロードニキにより爆殺された。
1775 1825 1875 1925 1861 農奴解放令 1818 1881 アレクサンドル2世 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1861 1865 南北戦争 1809 1865 リンカーン 1807 1870 リー将軍 1822 1885 グラント将軍 1791 1872 サミュエル・モールス 1800 1874 フィルモア 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1860 全英オープンゴルフはじまる 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1851 ロンドン万博 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1792 1871 ジョン・ハーシェル 1791 1871 チャールズ・バベッジ 1834 1919 エルンスト・ヘッケル 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1853 1856 クリミア戦争 1848 1849 フランクフルト国民議会 1848 二月革命 1808 1873 ナポレオン3世 1871 ドイツ帝国の成立 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1856 1860 アロー戦争 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 ダイナマイトの発明 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1859 安政の大獄 1862 生麦事件 1864 池田屋事件 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1865 亀山社中 1835 1867 坂本龍馬 1834 1868 近藤勇 1835 1869 土方歳三 1825 1883 岩倉具視 1842 1868 沖田総司 1830 1878 大久保利通 1827 1877 西郷隆盛 1836 1883 天璋院 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1877 西南戦争 1831 1866 孝明天皇 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1850 1864 太平天国の乱 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1857 1859 セポイの乱 1853 1856 クリミア戦争 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 Tooltip
(この項おわり)
header