西暦1864年 - 池田屋事件

禁門の変、長州征伐に発展

池田屋無用 (1864) 新撰組

池田屋
元治元年 6 月 5 日(1864 年 7 月 8 日)、幕府の見廻組 (みまわりぐみ) 新撰組 (しんせんぐみ) が、池田屋で会合中の長州藩の尊攘派 (そんじょうは) を襲い、その多くを斬り殺すという池田屋事件が起きる。

このとき同席していた長州藩の桂小五郎 (かつらこごろう) (のちの木戸孝允 (きどたかよし) )は、屋根伝いに脱出し、唯一の生存者となった。

禁門の変から長州征伐へ

長州藩は勢力を盛り返すべく、桂小五郎や高杉晋作 (たかすぎしんさく) らの説得も虚しく、1,000 人以上の兵を率いて京都に攻め上る。一方、幕府は、薩摩藩、会津藩、桑名藩に出兵させ、京都で長州軍を攻め破った。
これを禁門の変 (きんもんのへん) 蛤御門の変 (はまぐりごもんのへん) )と呼ぶ。この戦いで長州藩士 200 名以上が死亡した。幕府軍はこの余勢を駆り、長州征伐に向かう(第一次長州征伐)。

ちょうどその頃、長州藩では下関海峡を通過していた外国船に砲撃を加え、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの四国連合軍の攻撃を受けていた。その結果、長州藩の砲台は全て壊され、戦意を喪失した長州藩は幕府に降伏し、尊攘派は退けられる。

慶応 2 年(1866 年)6 月、幕府は再び長州に 1 万人の大軍を派遣した(第二次長州征伐)。
長州では、大村益次郎 (おおむらますじろう) は近代化された 1 千の兵を率い、幕府軍を退けた。

新撰組

文久 3 年(1863 年)2 月 4 日、幕府が江戸で京都警備のための浪士組を募集したところ、近藤勇 (こんどういさみ) ら 200 人以上が参加する。
3 月 3 日、朝廷から浪士組に江戸帰還の命が出されたが、17 人が残留し壬生浪士組 (みぶろうしぐみ) を結成する。芹沢鴨 (せりざわかも) 近藤勇 (こんどういさみ) が局長となる。
9 月、粛正により芹沢鴨らは追放され、壬生浪士組は新撰組に改名する。

池田屋事件の際には、、近藤勇、沖田総司 (おきたそうじ) 永倉新八 (ながくらしんぱち) 藤堂平助 (とうどうへいすけ) の 4 人が幕府の援軍を待たずに切り込んだ。その結果、長州藩の過激は藩士 7 名が死亡し、二十数名を捕縛した。
この功績により、新撰組に武士の身分が与えられ、晴れて幕臣となる。

彰義隊討伐

慶応 3 年 10 月 14 日(1867 年 11 月 9 日)、江戸幕府第15 代将軍・徳川慶喜 (とくがわよしのぶ) 大政奉還を行い、政権を朝廷に返上した。慶喜は新政権への参画を目論んでいたが、12 月 9 日には王政復古の大号令が発せられた。
慶応 4 年/明治元年(1868 年)1 月 3 日、旧幕府軍と新政府軍が京都で衝突し、鳥羽・伏見の戦いが起きる。戊辰戦争の始まりである。
新政府側の西郷隆盛 (さいごうたかもり) と幕府側の勝海舟 (かつかいしゅう) が 2 日間にわたって会談し、4 月 11 日、幕府が江戸城を明け渡すことで落着する。
慶喜は官位を失い、駿府(現在の静岡県)に移り住んだ。

しかし、慶喜の護衛のために結成された彰義隊 (しょうぎたい) は江戸にとどまり、新政府軍と小競り合いを繰り返していた。
慶応 4 年/明治元年(1868 年)5 月 15 日、大村益次郎は彰義隊を上野寛永寺 (かんえいじ) に誘い出し、新政府軍とアームストロング砲を駆使して彰義隊を敗走させた。

こうして関東圏を平定した新政府軍は、明治 2 年(1869 年)5 月 18 日、函館・五稜郭 (ごりょうかく) を落とし、戊辰戦争は終結する。
1775 1825 1875 1925 1864 池田屋事件 1833 1877 木戸孝允 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1869 版籍奉還 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1830 1878 大久保利通 1836 1908 榎本武揚 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1865 亀山社中 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1841 1909 伊藤博文 1837 1919 板垣退助 1838 1922 大隈重信 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1825 1883 岩倉具視 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1877 西南戦争 1796 1866 シーボルト 1804 1878 ハリス 1831 1866 孝明天皇 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1845 1923 レントゲン 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1846 海王星の発見 1811 1877 ユルバン・ルヴェリエ 1851 ロンドン万博 1860 全英オープンゴルフはじまる 1804 1881 ディズレーリ 1854 1856 クリミア戦争 1848 1849 フランクフルト国民議会 1848 二月革命 1808 1873 ナポレオン3世 1871 ドイツ帝国の成立 1856 1860 アロー戦争 1810 1861 カヴール 1807 1882 ガリバルディ 1820 1878 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 ダイナマイトの発明 1861 1865 南北戦争 1809 1865 リンカーン 1794 1858 ペリー 1791 1872 サミュエル・モールス 1800 1874 フィルモア 1807 1870 リー将軍 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 Tooltip

池田屋跡付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:池田屋跡

参考書籍

表紙 新撰組顛末記
著者 永倉新八
出版社 新人物往来社
サイズ 文庫
発売日 2009年05月
価格 720円(税込)
rakuten
ISBN 9784404036001
新選組の副長助勤となり、のちに二番組長を兼任した新八は、近藤勇らとともに池田屋へ斬り込んだ。新選組随一の遣い手として幾多の戦闘に加わり、十三人の大幹部のうち、ただ一人生き残った。北海道に渡り小樽に住んだ新八は、孫たちを相手に新選組の懐旧談を語り、記録に綴る晩年を送るが、大正二年(一九一三)三月から、『小樽新聞』記者の取材に応じて語った連載をまとめたのが本書である。近藤勇や土方歳三らとの交友、池田屋の乱闘、血の粛清など、幕末動乱の修羅場をくぐりぬけた者のみが知る生々しい証言が語られている。
 

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header