西暦1869年 - スエズ運河開通

80日間で世界一周できるようになる
スエズ運河開通直後の風景
1869 年(明治 2 年)11 月 17 日、地中海と紅海(スエズ湾)を結ぶスエズ運河が開通した。東洋と西洋の結婚式とも呼ばれる。
運河が開通したことで、アフリカ大陸最南端の喜望峰を回ることなくヨーロッパとアジアを結ぶことができるようになった。
スエズ運河開通直後の風景
スエズ運河の原型は、古代エジプト第12王朝のファラオ、センウスレト 1 世(在位:紀元前 1971 年~前 1929 年)の時代にあった。その後、プトレマイオス朝は、アレクサンドリアを結ぶ運河を開き、ローマ帝国に受け継がれる。
ラダーエキスカベータ
エジプトに駐在していたフランス人外交官フェルディナン・ド・レセップスは、フランス人技師ルペールが皇帝ナポレオンに宛てたエジプトに関する報告書を読み、スエズ運河構築の夢を抱くようになった。
引退したレセップスは、1854 年、教え子のサイード・パシャがエジプト総督に即位すると間もなく、パシャに運河建設を提案する。このとき、オスマン帝国スルタンの承認が必要という条件付きで、運河建設の認可を得た。

当初、運河建設に反対だったイギリスは、オスマン帝国スルタンに圧力をかけていた。しかしレセップスは外交官時代の人脈を活用し、フランスの皇帝ナポレオン 3 世や、イギリスの首相パーマストンらの協力を得てゆく。ナポレオン 3 世の皇后ユジェニーは、レセップスの従兄の娘だった。
1858 年 12 月 15 日、スエズ運河会社を設立し、ポートサイド沿岸で運河の開削が始まる。

工事にはエジプト人の強制労働(コルヴェ)を活用しながら、常時 3 万人が使役され続けたという。また、フランスで発明された蒸気駆動の土木建機ラダーエキスカベータも使用された。

着工から 11 年を経て、1869 年(明治 2 年)11 月 17 日、スエズ運河は開通した。当時の運河は全長164 キロ、深さ 8 メートルだった。

運河開通は世界貿易に劇的な効果をもたらした。半年前に完成していたアメリカ大陸横断鉄道と接続することで、世界一周に要する時間は大幅に短縮された。フランスの小説家ジュール・ヴェルヌが 1872 年(明治 5 年)に出版した『80 日間世界一周』では、スエズ運河と大陸横断鉄道を見事に利用している。
日本人として初めてスエズ運河を通過したのは./j1871-jp.shtm:title=岩倉使節団]で、1873 年(明治 6 年)7 月のことである。

さて、運河建設には一貫して反対して来たイギリスではあったが、結局、スエズ運河を通過する船の 8 割はイギリス船籍となっていた。イギリスはスエズ運河会社の株を 1 つも持っていなかった。
1875 年(明治 8 年)11 月、エジプトが近代政策に失敗し、スエズ運河会社の全株主を手放すことにした。イギリスのディズレーリ-首相は、フランスに先手を打ち、電光石火の早業で全株式を買い取り、筆頭株主となる。
第一次中東戦争で敗れたエジプト軍再建に乗り出したナセルは、アスワン・ハイダムを建設し、スエズ運河の国有化宣言を出した。エジプト国民に歓喜して迎えられたナセルだったが、これは第二次中東戦争に発展し、ソ連が核兵器の使用をちらつかせたため、世界機器へとエスカレートする。
1975 年(昭和 50 年)からスエズ運河の拡張工事が始まった。この時の外資援助の第一位となった日本は、36.8%を出資した。

その後もスエズ運河の拡張工事は続けられ、現在は全長193.3 キロ、深さ 24 メートル、幅 205 メートルになっている。
1775 1825 1875 1925 1975 1869 スエズ運河開通 1854 1856 クリミア戦争 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1830 1878 大久保利通 1841 1909 伊藤博文 1864 1929 津田梅子 1869 版籍奉還 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1827 1877 西郷隆盛 1865 亀山社中 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1837 1919 板垣退助 1838 1922 大隈重信 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1877 西南戦争 1831 1866 孝明天皇 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1871 ドイツ帝国の成立 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1872 「80日間世界一周」の出版 1876 電話の発明 1847 1931 エジソン 1847 1922 グラハム・ベル 1851 1929 ベルリナー 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1856 1939 ジークムント・フロイト 1859 1938 フッサール 1859 1941 ベルクソン 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1865 1923 ウォレン・ハーディング Tooltip

スエズ運河付近の航空写真

(この項おわり)
header