西暦1871年 - ドイツ帝国の成立/レイリー散乱の発見

ビスマルクの鉄血政策はじまる/殿様科学者の活躍

ドイツ帝国の成立

ドイツ宰相時代のビスマルク
1861 年にプロイセン国王に即位したヴィルヘルム 1 世は、翌1862 年、オットー・フォン・ビスマルクを首相に任命する。ビスマルクは、小国が分立していた当時のドイツを統一する演説を行う。のちに「鉄血演説」と呼ばれ、鉄血政策と呼ばれる富国強兵策をとり、武力でドイツ統一へ乗り出した。

1866 年、オーストリアとの普墺戦争 (ふおうせんそう) に圧勝すると、翌1867 年、ドイツ連邦からオーストリアを排除し、プロイセンを盟主とする北ドイツ連邦を新たに成立させる。ドイツから排除されたオーストリアは、オーストリア・ハンガリー帝国を成立させる。
フランスのナポレオン 3 世は強国ドイツの出現を恐れ、1870 年、普仏戦争 (ふふつせんそう) が勃発する。これには北ドイツ連邦に加わっていない地域も参加しドイツの連帯感は増す一方、十分な準備の無いまま開戦したフランスは劣勢に立たされ、ナポレオン 3 世は捕虜となってしまう。
1871 年、パリが陥落すると、ヴィルヘルム 1 世はヴェルサイユ宮殿でドイツ皇帝に即位し、ドイツ帝国が誕生する。一方、フランスではナポレオン 3 世の第2 帝政が倒れ、第3 共和制へ移行することになる。

この年に制定されたドイツ国憲法(通称「ビスマルク憲法」)は、形式上は立憲君主制であるが、宰相は皇帝にのみ責任を負うという内容であった。1889 年に発布される大日本帝国憲法にも影響を与えたと言われている。

ビスマルクは、内政面では社会主義者を排除する一方で災害保険や養老保険などの福祉政策をとり(アメとムチ)、外交面ではフランスを孤立させるための同盟政策や露土戦争の処理を行うベルリン会議を成功させるなど、ドイツ帝国の地位の安定に奔走する。
しかし、1888 年にヴィルヘルム 2 世が即位すると帝国主義政策に傾き、平和政策を掲げていたビスマルクは 1890 年に辞任する。

レイリー散乱

レイリー卿
レイリー卿
空が青く見えるのは、光の波長よりも小さな粒子によって太陽光が散乱されるためである――この現象をレイリー散乱と呼び、1871 年、イギリスの物理学者、第3 代レイリー男爵ジョン・ウィリアム・ストラットによって発見された。

レイリーは、1904 年、「気体の密度の研究とアルゴンの発見」ノーベル物理学賞を受賞した。
男爵で広大な牧場を有する資産家のレイリーは、ノーベル賞の賞金を全額、母校ケンブリッジ大学に寄贈し、キャヴェンディッシュ研究所の拡張や科学書の購入費用に充てられた。
自前の資金で研究三昧の一生を送ったレイリーが手がけた研究は多岐にわたっていた。レイリー散乱やアルゴンの発見だけでなく、音響学、電磁気学、流体力学、熱放射理論と、当時の物理学の主要テーマを網羅している。
爵位を継いだ息子のロバートも分光学を専門とする科学者で、1921 年、レイリー邸を訪れた物理学者の高嶺俊夫 (たかみねとしお) は、「富豪が道楽に実験物理の研究を私邸でやっている例は、日本では見られない」と驚愕したという。

この時代の世界

1775 1825 1875 1925 1975 1871 ドイツ帝国の成立 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1815 1898 ビスマルク 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1871 レイリー散乱の発見 1842 1919 レイリー卿 1831 1879 マクスウェル 1874 マクスウェルの悪魔 1824 1907 ウィリアム・トムソン 1831 電磁誘導の発見 1860 「ロウソクの科学」講演 1791 1867 ファラデー 1905 「特殊相対性理論」の発表 1840 ジュールの法則 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1885 狂犬病ワクチンの開発 1822 1895 ルイ・パスツール 1891 魔法瓶の発明 1842 1923 ジェイムズ・デュワー 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1887 シャーロック・ホームズ登場 1888 切り裂きジャック 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1876 電話の発明 1847 1931 エジソン 1847 1922 グラハム・ベル 1851 1929 ベルリナー 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1856 1939 ジークムント・フロイト 1859 1938 フッサール 1859 1941 ベルクソン 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1808 1873 ナポレオン3世 1856 1860 アロー戦争 1854 1856 クリミア戦争 1861 イタリア王国の成立 1866 普墺戦争 1870 1871 普仏戦争 1844 1900 ニーチェ 1875 神智学協会の設立 1831 1891 ブラヴァツキー 1832 1907 ヘンリー・オルコット 1855 1916 ローウェル 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1861 1865 南北戦争 1834 1906 ラングレー 1872 鉄道開通 1873 三菱商会の誕生 1838 1911 トーマス・グラバー 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1838 1922 大隈重信 1841 1909 伊藤博文 1830 1878 大久保利通 1827 1877 西郷隆盛 1877 西南戦争 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1864 1929 津田梅子 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1835 1867 坂本龍馬 1865 亀山社中 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1837 1919 板垣退助 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1815 1860 井伊直弼 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1850 1864 太平天国の乱 1814 1864 洪秀全 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1853 1910 ラーマ5世 1869 スエズ運河開通 1877 1878 露土戦争 1857 1859 セポイの乱 1877 1878 露土戦争 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 Tooltip
(この項おわり)
header