西暦1877年 - 西南戦争

維新後最後の内乱
鹿児島暴徒出陣図
1877 年(明治 10 年)1 月 30 日、下野していた西郷隆盛 (さいごうたかもり) が鹿児島で主宰していた私学校の生徒が新政府に反発し政府の武器を奪取した。これが西南戦争の発端となる。

私学校の幹部らが警視庁を内偵したところ、西郷暗殺計画があると判明した。私学校内では激論が戦わされ、ついに西郷隆盛を担いで軍隊を編成。2 月 15 日に鹿児島を出発した。
明治政府は 2 月 19 日に征討の詔を発し、鎮圧に乗り出した。
2 月 19 日、西郷軍は熊本城に入ろうとするも、火災で城は焼失してしまった。
政府軍に比べると少ない大砲と性能の劣る小銃しかなかった西郷軍は圧倒的に不利な状況の中、3 月 1 日には田原坂 (たばるざか) (熊本県鹿本郡植木町)に退いた。ここで 17 日間にわたり激しい銃撃戦が行われた。官軍の損害も甚大で、戦死者は約 2,000 名、負傷者も 2,000 名にのぼったが、西郷軍を敗退させた。

その後も九州各地で西郷軍は敗退し、ついには鹿児島に追い詰められ、9 月 24 日、西郷隆盛の自決によって西南戦争は終結した。

田原坂付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:田原坂

西郷隆盛の足跡

西郷隆盛の銅像(鹿児島市城山)
西郷隆盛の銅像(鹿児島市城山)
西郷隆盛(1828~1877)は、同じ鹿児島(薩摩藩)出身の大久保利通とともに明治維新の中核を担った人物である。

参考書籍

表紙 西郷隆盛(上) 維新前夜の群像6
著者 井上清(歴史学)
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 1988年12月
価格 712円(税込)
rakuten
ISBN 9784121002235
 
表紙 西郷隆盛(下) 維新前夜の群像6
著者 井上清(歴史学)
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 1990年08月
価格 754円(税込)
rakuten
ISBN 9784121002280
 
表紙 西郷どん! 上製版 前編
著者 林 真理子
出版社 KADOKAWA
サイズ 単行本
発売日 2017年11月01日
価格 1,836円(税込)
rakuten
ISBN 9784041039939
なんという目をした男なのだー。吉之助の目を見た者は誰もがそう呟いた。下級武士の家に生まれた西郷吉之助は、貧しいながら家族や友に恵まれて育つ。のちに大久保利通となる正助とは、郷中仲間だ。島津斉彬の雄姿を間近に見た吉之助は、いつの日かこのお方にお仕えしたいと焦がれるようになる。時は幕末。夢かない、薄主・斉彬のお側仕えとなった吉之助は、一橋慶喜を将軍とするべく、名君と心を一にし、江戸に京都に飛び回るようになる。しかし暗躍むなしく宿敵・井伊直弼が大老の就任、異国の脅威が迫るなか斉彬は突然死。さらに国父・久光の逆鱗に触れた吉之助は、遠島を言い渡されてしまうー。林真理子にして初めてなし得た、英雄物語!激動の青春編!
 
表紙 西郷どん! 上製版 後編
著者 林 真理子
出版社 KADOKAWA
サイズ 単行本
発売日 2017年11月01日
価格 1,836円(税込)
rakuten
ISBN 9784041059364
吉之助にようやく下った赦免。しかし時代は急変、不在の間にふるさと薩摩はイギリスの砲撃を受け、国内には不穏な空気が立ち込めていた。荒ぶる長州は一気に挙兵し、幕府軍と蛤御門ではげしい戦闘を繰り広げる。吉之助は幕府側に立ち、生まれついての大将としての才能を開花させる。戦いに勝利、長州征伐を企図し勝海舟と面会した吉之助だったが、勝の提案が彼を変えようとしていた。維新に名を残す男らと議論をかさねた吉之助は、無血開城を断行する。一方、盟友・大久保一蔵は、新しい国家の設計図を作りだしていた。幼い頃から常に共にいた吉之助と一蔵。二人に別の道を歩む時が訪れたのかー。西郷のすべてがわかる、傑作小説!新しき時代、維新編!
 

この時代の世界

1775 1800 1825 1850 1875 1900 1925 1950 1877 西南戦争 1827 1877 西郷隆盛 1830 1878 大久保利通 1866 薩長同盟 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1839 1867 高杉晋作 1830 1859 吉田松陰 1835 1867 坂本龍馬 1865 亀山社中 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1835 1869 土方歳三 1834 1868 近藤勇 1842 1868 沖田総司 1867 大政奉還 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1843 1890 新島襄 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1872 鉄道開通 1838 1922 大隈重信 1841 1909 伊藤博文 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1843 1921 楫取美和子(杉文) 1838 1919 山県有朋 1837 1919 板垣退助 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1846 1866 徳川家茂 1846 1877 和宮 1831 1866 孝明天皇 1827 1898 中浜万次郎 1869 版籍奉還 1844 1897 陸奥宗光 1855 1891 津田三蔵 1838 1911 トーマス・グラバー 1882 講道館の創設 1883 鹿鳴館がオープン 1881 1884 自由党 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1856 1860 アロー戦争 1853 1910 ラーマ5世 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1876 電話の発明 1847 1931 エジソン 1847 1922 グラハム・ベル 1851 1929 ベルリナー 1831 1900 エドワード・ヒューズ 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1871 ドイツ帝国の成立 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1854 1856 クリミア戦争 1861 イタリア王国の成立 1862 「レ・ミゼラブル」の出版 1866 普墺戦争 1870 1871 普仏戦争 1887 シャーロック・ホームズ登場 1888 切り裂きジャック 1876 電話の発明 1855 1916 ローウェル 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1861 1865 南北戦争 1869 スエズ運河開通 1854 1856 クリミア戦争 1857 1859 セポイの乱 1854 1856 クリミア戦争 1877 1878 露土戦争 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1861 農奴解放令 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1828 1910 トルストイ 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 Tooltip
(この項おわり)
header