西暦1877年 - 露土戦争

ロシア南下政策の変更
シプカ峠の戦い
クリミア戦争の敗戦で南下政策を中断していたロシアは、バルカン半島の紛争終結とスラブ民族独立を唱え、1877 年 4 月、オスマン帝国に宣戦布告した。
シプカ峠を確保し、オスマンのプレヴェン要塞を陥落させたロシア軍は、イスタンブルに迫った。

こうして 1878 年 3 月、戦争はロシアの勝利で終わり、サン・ステファノ条約が結ばれた。 この条約により、セルビア、モンテネグロ、ルーマニアの各公国はオスマン帝国から独立し、ロシアの影響下にある大ブルガリア公国が成立する。
しかし、西欧列強はロシアの南下を懸念する。そこで、1878 年 6 月、ドイツのビスマルクがベルリン会議を主催し、サン・ステファノ条約を修正し、バルカン半島の新独立国の領域が決定された。
ロシアは南下政策の変更を余儀なくされ、この後、東アジアへの進出に注力するようになる。

この時代の世界

1775 1825 1875 1925 1975 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1854 1856 クリミア戦争 1869 周期表の提案 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 スエズ運河開通 1857 1859 セポイの乱 1877 西南戦争 1827 1877 西郷隆盛 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1865 亀山社中 1872 鉄道開通 1830 1878 大久保利通 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1867 大政奉還 1852 1912 明治天皇 1828 1899 勝海舟 1837 1891 三条実美 1866 薩長同盟 1864 池田屋事件 1864 第一次長州征伐 1866 第二次長州征伐 1824 1869 大村益次郎 1864 高杉晋作の決起 1862 生麦事件 1817 1887 島津久光 1860 桜田門外の変 1853 ペリー来航 1859 安政の大獄 1846 1877 和宮 1880 「君が代」が完成 1881 1884 自由党 1883 鹿鳴館がオープン 1885 内閣誕生 1886 ノルマントン号事件 1889 大日本帝国憲法の公布 1890 エルトゥールル号遭難事件 1856 1875 同治帝 1856 1860 アロー戦争 1853 1910 ラーマ5世 1872 「80日間世界一周」の出版 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1867 「資本論」の出版 1818 1883 マルクス 1820 1895 エンゲルス 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1871 ドイツ帝国の成立 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1815 1898 ビスマルク 1808 1873 ナポレオン3世 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1804 1881 ディズレーリ 1809 1898 グラッドストン 1852 ナポレオン3世が即位 1859 統計学者ナイチンゲール 1861 イタリア王国の成立 1866 普墺戦争 1871 レイリー散乱の発見 1870 1871 普仏戦争 1874 マクスウェルの悪魔 1876 電話の発明 1855 1916 ローウェル 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1861 1865 南北戦争 1875 神智学協会の設立 1831 1891 ブラヴァツキー 1843 1901 マッキンリー 1887 マイケルソン=モーリーの実験 1852 1931 マイケルソン Tooltip
(この項おわり)
header