西暦1889年 - 大日本帝国憲法公布

日本初の憲法は欽定憲法
大日本帝国憲法、公布
1889 年(明治 22 年)2 月 11 日、明治天皇によって「大日本帝国憲法」が公布される。施行されたのは 1890 年(明治 23 年)11 月 29 日。

1882 年(明治 15 年)、憲法調査のために伊藤博文 (いとうひろぶみ) らがヨーロッパに渡った。
憲法制定後に国会を開会することによって国民に政治主導されることを嫌った伊藤は、皇帝に絶対的権限を与えていたドイツ憲法を参考に憲法の作成を急いだと言われる。

大日本帝国憲法は天皇から国民に与えるという欽定憲法 (きんていけんぽう) の形で発効された。司法、行政、立法の三権が分かれていたものの、内閣に権力が集中しがちで、また、軍隊や枢密院が天皇の直下にあった。
このため、翌年に総選挙が行われ国会が開かれた後、内閣と国会の衝突は避けられないものとなる。
1775 1825 1875 1925 1975 1889 大日本帝国憲法、公布 1890 第1回総選挙 1885 内閣誕生 1841 1909 伊藤博文 1830 1878 大久保利通 1886 ノルマントン号事件 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1844 1897 陸奥宗光 1884 秩父事件 1835 1924 松方正義 1881 1884 自由党 1837 1919 板垣退助 1882 1896 立憲改進党 1838 1922 大隈重信 1883 鹿鳴館がオープン 1835 1915 井上馨 1882 講道館の創設 1860 1938 嘉納治五郎 1882 上野動物園の開園 1890 エルトゥールル号遭難事件 1890 教育勅語の発布 1890 日本初の電話 1880 「君が代」が完成 1877 西南戦争 1827 1877 西郷隆盛 1875 同志社英学校が開校 1875 明治天皇があんパンを食す 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1872 鉄道開通 1871 1873 岩倉使節団 1825 1883 岩倉具視 1833 1877 木戸孝允 1869 日本初の電信線架設工事始まる 1834 1901 福沢諭吉 1868 1869 戊辰戦争 1836 1908 榎本武揚 1867 大政奉還 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1837 1891 三条実美 1871 ドイツ帝国の成立 1797 1888 ヴィルヘルム1世 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1876 電話の発明 1831 1900 エドワード・ヒューズ 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1859 「種の起源」の出版 1809 1882 チャールズ・ダーウィン 1865 メンデルの法則 1822 1884 メンデル 1860 「ロウソクの科学」講演 1866 ダイナマイトの発明 1833 1896 ノーベル 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1896 近代オリンピックはじまる 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1860 全英オープンゴルフはじまる 1819 1901 ヴィクトリア女王 1856 1920 ピアリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1856 1875 同治帝 1835 1908 西太后 1853 1910 ラーマ5世 1877 1878 露土戦争 1818 1881 アレクサンドル2世 1861 農奴解放令 1854 1856 クリミア戦争 1869 周期表の提案 1834 1907 ドミトリ・メンデレーエフ 1839 1881 ムソルグスキー 1840 1893 チャイコフスキー 1869 スエズ運河開通 1857 1859 セポイの乱 Tooltip
(この項おわり)
header