西暦1895年 - X線の発見・ローウェル『火星』出版

第1回ノーベル物理学賞・火星人騒動のはじまり

X線の発見

1896年1月23日にレントゲンが撮ったAlfred von Kollikerの手のX線写真
1895 年(明治 28 年)11 月 8 日、ドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲンは、クルックス管を用いて陰極線の研究をしていたところ、机の上の蛍光紙の上に暗い線が表れたのに気付いた。クルックス管は黒いボール紙で覆われており既知の光は遮蔽されていたが、目には見えない光のようなものが装置からでていることを発見した。

実験によって、この光は分厚い本や金属も透過するが、鉛には遮蔽されることが分かった。
光のようなものは電磁波であり、この電磁波は陰極線のように磁気を受けても曲がらないことから放射線の存在を確信し、仮の名前として「X線」と名付けた。

この功績により、1901 年(明治 34 年)、レントゲンは第1 回ノーベル物理学賞を受賞した。
レントゲンは、物質の比熱の測定、電流の識別、流体の屈折率と圧力の関係、気体の熱容量、偏光に及ぼす電磁気的作用、毛管現象、油滴の拡散、放電管を用いた陰極線の特性など当時の標準的な研究を手広く行っていた。それらについて発表された論文は 48編を数えるが、いまとなっては歴史に残るほどのものはひとつもない。
ところが 1985 年(昭和 60 年)11 月、「放電管を用いた陰極線の特性」の実験で偶然発見したものを伝えた 49番目の論文が、彼の人生と物理学の歴史を大きく返ることになる。X線の発見である。
これを引き金として、ラジウムやポロニウムなどの放射性元素と、それらが放出する 3種の放射線が連鎖反応的に発見され,物理学の関心はいっきに原子、電子、原子核といったミクロの世界へ突入していくことになる。
レントゲンは第一報の終わりで X線の正体について、当時、宇宙空間に充満し光を伝える担い手とみなされていた仮想媒質「エーテル」の縦振動ではないかと予測を述べている。ドイツのラウエらが結晶による回折実験から、X線が短波長の電磁波であることが突き止められたのは 1912 年(大正元年)のことである。

ところが、レントゲン自身は 1897 年(明治 30 年)、「X線の特性に関するさらなる観測」と題する論文をもう 1 本書いただけで X線の研究から手を引いてしまった。特許をとることもなかった。彼が X線研究に携わったのはわずか 2 年足らずであった。
その後は再び、それまで行っていた実験に戻ってしまったのである。X線から離れたレントゲンが何をなしたのか、いまとなっては知る人はほとんどいない。なぜレントゲンは物理学の一大フィーバーから身を引いて変凡な実験世界に戻ってしまったのか、いまとなってはだれも知る者がいない。

火星の運河

ローウェルが「観測」した火星の運河
イタリア王国のミラノ天文台長ジョヴァンニ・スキアパレッリは、1877 年(明治 10 年)の火星大接近の際に口径 22cm 屈折望遠鏡で観測し、火星全体の表面に線状模様があることを発見した。このとき Canali(イタリア語で「溝・水路」の意)と記述したものを、英語に翻訳された際 Canal(英語で「運河」の意)と誤訳され、火星に運河があると言われるようになった。

1893 年(明治 26 年)、火星観測のために私設天文台を建設したアメリカのパーシヴァル・ローウェルは、1895 年(明治 28 年)に『火星』を著し、火星には火星人が住んでおり運河を建設していることを主張した。
ローウェルは、1881 年(明治 14 年)から 1982 年にかけ、大森貝塚を発見したモースが行った日本についての連続講演を聴講した。翌年、28 歳のローエルは日本へ向かう。それから 1993 年(平成 5 年)までの間、のべ 3 年間にわたって日本に滞在し、異文化の観察を行った。
その体験を綴った『極東の魂』に、ローエルの目に映った珍奇な日本人の姿が綴られている。日本人は物事すべてを逆様に見る倒立した世界に住んでいるというのだ。たとえば、言葉の順序を逆にしてしゃべる、筆を右から左に動かす、本を最後のページから読む、濡れた傘を柄の方を下にして立てかける、マッチを内側に向けて擦る‥‥確かに欧米とは逆ではあるが、まるで異星人に出くわしたかのような紹介の仕方はいかがなものか。
そんなローエルは、1893 年(明治 26 年)、アメリカに帰国すると、施設天文台の建設に取りかかる。今度のターゲットは火星だ。
1895 年(明治 28 年)の著作『火星』では、早くも火星に運河があることを報告している。火星の重力は地球の 0.38 倍しかないため、火星人は人類のほぼ 3 倍の大きさをした巨人であろうと述べている。
想像力のたくましい人物だったようである。
1898 年(明治 31 年)、イギリスの SF 作家 H.G.ウェルズが『宇宙戦争』を出版し、そこに登場するタコのような火星人のイメージが世間に定着した。

1938 年(昭和 13 年)10 月 30 日、アメリカの CBS ネットワーク「マーキュリー劇場」で宇宙戦争のラジオドラマが放送されパニックになったとされているが、実際にはパニックはなく、新興メディアであるラジオを規制するために新聞各社がブラフ記事を掲載したのが真相のようである。
1775 1825 1875 1925 1975 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1895 ローウェル『火星』出版 1855 1916 ローウェル 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1872 「80日間世界一周」の出版 1828 1905 ジュール・ヴェルヌ 1898 ラジウムの発見 1867 1934 マリー・キュリー 1896 近代オリンピックはじまる 1863 1937 クーベルタン男爵 1831 1888 フリードリヒ3世 1815 1898 ビスマルク 1885 狂犬病ワクチンの開発 1889 パリ万国博覧会 1819 1901 ヴィクトリア女王 1809 1898 グラッドストン 1820 1910 ナイチンゲール 1898 ファショダ事件 1870 1937 アルフレッド・アドラー 1905 第一次モロッコ事件 1905 「特殊相対性理論」の発表 1874 1939 ハワード・カーター 1909 北極点に史上初めて到達 1911 第二次モロッコ事件 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1898 米西戦争 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1866 1936 アン・サリヴァン 1894 1895 日清戦争 1900 北清事変 1901 八幡製鉄所が操業開始 1904 1905 日露戦争 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1868 1918 ニコライ2世 1890 第1回総選挙 1890 日本初の電話 1889 大日本帝国憲法、公布 1885 内閣誕生 1841 1909 伊藤博文 1890 エルトゥールル号遭難事件 1886 ノルマントン号事件 1890 教育勅語の発布 1844 1897 陸奥宗光 1884 秩父事件 1881 1884 自由党 1882 1896 立憲改進党 1883 鹿鳴館がオープン 1835 1915 井上馨 1873 三菱商会の誕生 1834 1885 岩崎弥太郎 1872 鉄道開通 1834 1901 福沢諭吉 1836 1908 榎本武揚 1901 田中正造が天皇に直訴 1841 1913 田中正造 1847 1913 桂太郎 1872 1896 樋口一葉 1867 1902 正岡子規 1867 1916 夏目漱石 1871 1911 幸徳秋水 1886 1912 石川啄木 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1900 雑誌「明星」創刊 1873 1935 与謝野鉄幹 1867 1930 豊田佐吉 1878 1933 吉野作造 1906 満鉄の開業 1867 1947 幸田露伴 1837 1913 徳川慶喜 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1904 1905 日露戦争 1905 血の日曜日事件 1877 1878 露土戦争 1828 1910 トルストイ 1835 1908 西太后 1859 1916 袁世凱 1871 1908 光緒帝 1894 1895 日清戦争 1866 1925 孫文 1900 1901 義和団の乱 1900 北清事変 1906 満鉄の開業 1909 伊藤博文の暗殺 1911 辛亥革命 1853 1910 ラーマ5世 1881 1938 ムスタファ・ケマル Tooltip

参考書籍

表紙 科学史人物事典
著者 小山慶太
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 2013年02月
価格 993円(税込)
rakuten
ISBN 9784121022042
十六世紀のコペルニクスから現代の先端科学まで、160人以上の科学者を選び、業績だけでなく、当時の世相や科学者たちの素顔も紹介。読んで楽しい人物事典。
 
表紙 宇宙戦争
著者 ハーバート・ジョージ・ウェルズ/中村融
出版社 東京創元社
サイズ 文庫
発売日 2005年05月
価格 756円(税込)
rakuten
ISBN 9784488607081
謎を秘めて妖しく輝く火星に、ガス状の大爆発が観測された。これこそ6年後に地球を震撼させる大事件の前触れだった。ある晩、人々は夜空を切り裂く流星を目撃する。だがそれは単なる流星ではなかった。巨大な穴を穿って落下した物体から現れたのは、V字形にえぐれた口と巨大なふたつの目、不気味な触手をもつ奇怪な生物ー想像を絶する火星人の地球侵略がはじまったのだ。
 
(この項おわり)
header