西暦1903年 - 人類初の動力飛行に成功

ライト兄弟の奮闘
1903年12月17日、ノースカロライナ州キティホークのキルデビルヒルズ砂丘における初飛行。
米西戦争で航空機の必要性を感じていた軍と、自身が事務局長を務めていたスミソニアン協会の後ろ盾を受け、1903 年(明治 36 年)10 月、サミュエル・ラングレーが 52馬力のエンジンを搭載したエアロドローム号を開発して飛行実験を行った。
しかし、実験は失敗に終わる。

1903 年(明治 36 年)12 月 17 日、米ノースカロライナ州のキティホークにあるキルデビルヒルズにて、12馬力のエンジンを搭載した「ライトフライヤー号」が世界初の有人動力飛行に成功した。
自転車店を経営することで開発資金を蓄えてきた兄ウィルバー・ライトと弟オービル・ライトが、地道な基礎研究を行った末に開発した飛行機である。
しかし、最初の実験の目撃者はわずか 5 人で、ライト兄弟が秘密主義を貫いたこともあだになり、科学的にあり得ないことなどとされ、社会の反応は冷たいものであった。

1908 年(明治 41 年)7 月には、グレン・カーチスが開発した飛行機「ジューン・バグ」が公開実験に成功した。人々は飛行機が空を飛ぶことを認めるようになった。
その後、ライト兄弟とカーチスは飛行機をめぐる特許闘争に明け暮れるが、アメリカ人はカーチスが最初に飛行機で空を飛んだ人物だと考えていた。

兄ウィルバーは死去したが、1940 年代になりようやく、スミソニアン協会は兄弟の業績を認めた。
弟オービルが亡くなって間もなく、1948 年(昭和 23 年)にイギリスに保管されていたライトフライヤー号がアメリカに返還され、スミソニアン博物館に展示されることになった。
1800 1825 1850 1875 1900 1925 1950 1975 1903 人類初の動力飛行に成功 1867 1912 ウィルバー・ライト 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1834 1906 ラングレー 1898 米西戦争 1843 1901 マッキンリー 1856 1924 ウッドロウ・ウィルソン 1865 1923 ウォレン・ハーディング 1901 八幡製鉄所が操業開始 1894 1895 日清戦争 1900 北清事変 1904 1905 日露戦争 1914 1918 第一次世界大戦 1901 田中正造が天皇に直訴 1841 1913 田中正造 1852 1912 明治天皇 1849 1914 昭憲皇太后 1879 1926 大正天皇 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1886 1912 石川啄木 1898 雑誌「ホトトギス」誕生 1867 1902 正岡子規 1867 1916 夏目漱石 1862 1922 森鴎外 1872 1896 樋口一葉 1871 1911 幸徳秋水 1876 1928 野口英世 1909 伊藤博文の暗殺 1841 1909 伊藤博文 1913 大正政変 1891 大津事件 1855 1891 津田三蔵 1890 第1回総選挙 1890 日本初の電話 1889 大日本帝国憲法、公布 1885 内閣誕生 1890 エルトゥールル号遭難事件 1886 ノルマントン号事件 1890 教育勅語の発布 1844 1897 陸奥宗光 1884 秩父事件 1881 1884 自由党 1882 1896 立憲改進党 1883 鹿鳴館がオープン 1847 1913 桂太郎 1878 1933 吉野作造 1906 満鉄の開業 1837 1913 徳川慶喜 1894 1895 日清戦争 1904 1905 日露戦争 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1905 血の日曜日事件 1905 1919 ロシア革命 1870 1924 レーニン 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1911 辛亥革命 1871 1908 光緒帝 1906 満鉄の開業 1909 伊藤博文の暗殺 1859 1916 袁世凱 1866 1925 孫文 1889 パリ万国博覧会 1898 ラジウムの発見 1895 X線の発見 1845 1923 レントゲン 1914 1918 第一次世界大戦 1918 シベリア出兵 1919 ベルサイユ条約 1920 国際連盟の創設 1896 近代オリンピックはじまる 1895 ローウェル『火星』出版 1897 H.G.ウェルズ『宇宙戦争』出版 1885 狂犬病ワクチンの開発 1905 「特殊相対性理論」の発表 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1911 南極点に史上初めて到達 1912 タイタニック号が沈没 1916 「一般相対性理論」の発表 1830 1916 フランツ・ヨーゼフ1世 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1842 1918 アブデュルハミト2世 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1898 ファショダ事件 1905 第一次モロッコ事件 1911 第二次モロッコ事件 Tooltip

キルデビルヒルズ付近の地図

参考書籍

表紙 誰が本当の発明者か
著者 志村幸雄
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 2006年08月
価格 1,015円(税込)
rakuten
ISBN 9784062575256
エジソンは白熱電球の25番目の発明者!?ワットは単なる改良家!?アークライトは発明の盗人!?技術開発史を彩る発明者たちの本家争い。
 
表紙 ライト兄弟 子どもの伝記
著者 早野美智代
出版社 ポプラ社
サイズ 新書
発売日 2009年03月
価格 615円(税込)
rakuten
ISBN 9784591108604
人間が空を飛んだ!人類はじめての動力つき飛行機は、ライト家のなかよし兄弟がつくったものでした。-強くねがえば、きっとかなう…。夢をかなえた兄弟のすがたをみてみましょう。小学校中級から。
 
表紙 ライト兄弟 大空への夢を実現した兄弟の物語
著者 富塚清/山崎明夫
出版社 三樹書房
サイズ 単行本
発売日 2003年05月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784895223225
1903年12月17日午前10時33分。今からちょうど100年前、人気のない砂浜でライト兄弟の発明した飛行機が飛んだ。その時間は12秒。人類史上初めての飛行は、こうしてひっそりと行なわれていたのだ。その後の歴史と文明に大きな変化をもたらした飛行機の発明は、名も知れない田舎の青年達が生み出していた。力をあわせて空への想いを実現し、今日のジェット機時代到来の基礎を築いた兄弟と、それを影になって支え続けた家族達の感動の開発ものがたり。
 
(この項おわり)
header