西暦1927年 - 上海クーデターから第一次国共内戦へ

資本家と労働組合の対立
上海クーデター時の共産党員たち
上海クーデター時の共産党員たち
1927 年(昭和 2 年)4 月 12 日、上海で蔣介石 (しょうかいせき) が共産党に対する大弾圧を行った。四・一二事件 (しいちにじけん) とも行われる。
1927 年(昭和 2 年)3 月 26 日、蒋介石が上海に入ると、上海総商会が彼に早期の安定回復を求めた。この頃、共産党指導下の労働組合である上海総工会は、蒋介石に反対して大規模なストライキを計画していたという。また、国民党内でも共産党の行動を「行き過ぎ」と批判する声が強まった。
こうした内外の圧力を背景に、蒋介石は共産党との決別を決意した。
蒋介石は戒厳令を布告すると、自らは上海を離れた。共産党弾圧は、杜月笙 (と げっしょう) が率いる秘密結社青幇 (ちんはん) が実行することになる。

蔣介石が共産党を排除して南京国民政府を樹立すると、汪精衛 (おう ちょうめい) ら国民党左派と共産党勢力は武漢政府を樹立して蔣介石を国民党から除名するなどして抵抗した。しかし武漢政府内にも反共勢力が台頭して分裂。7 月、共産党は武漢政府を離脱、国民党も容共政策の破棄を声明して第一次国共合作は破綻した。
こうして第二次国共合作が成立する 1937 年(昭和 12 年)まで、国民党と共産党は第一次国共内戦に突入する。
1825 1875 1925 1975 2025 1927 上海クーデター 1887 1975 蒋介石 1866 1925 孫文 1893 1976 毛沢東 1898 1976 周恩来 1911 辛亥革命 1914 1918 第一次世界大戦 1928 張作霖爆殺事件 1931 満州事変 1906 1967 愛新覚羅溥儀 1913 大正政変 1923 関東大震災 1925 普通選挙法成立 1925 ラジオ放送開始 1927 日本初の地下鉄 1927 昭和金融恐慌 1928 張作霖爆殺事件 1928 昭和天皇、即位の大礼 1931 満州事変 1932 五・一五事件 1936 二・二六事件 1937 盧溝橋事件 1855 1932 犬養毅 1857 1929 後藤新平 1849 1940 西園寺公望 1854 1936 高橋是清 1867 1930 豊田佐吉 1860 1938 嘉納治五郎 1879 1926 大正天皇 1876 1928 野口英世 1861 1949 牧野伸顕 1879 1940 トロツキー 1917 十月革命 1917 二月革命 1918 シベリア出兵 1939 1945 第二次世界大戦 1883 1945 ムッソリーニ 1914 1918 第一次世界大戦 1916 「一般相対性理論」の発表 1889 1945 ヒトラー 1919 ベルサイユ条約 1920 国際連盟の創設 1921 イギリス・アイルランド条約 1923 ミュンヘン一揆 1927 航空機による大西洋横断 1928 ファシスト党による一党独裁 1930 第1回FIFAワールドカップ開催 1934 ヒトラー総統の登場 1936 スペイン内戦 1937 ヒンデンブルク号の爆発 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1882 1945 フランクリン・ルーズベルト 1927 航空機による大西洋横断 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1929 暗黒の木曜日 1930 冥王星の発見 1914 パナマ運河開通 Tooltip
(この項おわり)
header