西暦1928年 - ファシスト党の一党独裁/ペニシリンの発見

イタリアでムッソリーニが台頭/偶然の発見

ファシスト党による一党独裁

ムッソリーニ
ムッソリーニ
イタリア王国は第一次世界大戦の戦勝国であったにもかかわらず、「未回収のイタリア」(トリエステ、南チロルなど)を得ただけにとどまり、国内経済は疲弊していた。そんな中、1919 年に結成されたムッソリーニファシスト党が台頭してきた。

ムッソリーニはストライキを鎮圧するなどして、中産階級・資本家、軍部、地主層などの支持を得ると、1922 年、国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ 3 世から首班指名を受け、世界初のファシズム政権が誕生した。
ムッソリーニの演説 - British Movietone
ムッソリーニの演説
ムッソリーニは、翌1923 年、ファシスト党に有利な新選挙法を制定すると、立て続けに新法を制定。1928 年 9 月には、首相ムッソリーニを議長とするファシズム大評議会を正式に国政の最高機関とし、一党独裁体制を確立する。

ペニシリンの発見

アレクサンダー・フレミング
アレクサンダー・フレミング
イギリスのセント・メアリーズ病院で感染症治療の研究をしていたアレクサンダー・フレミングの研究室は、いつも散らかっていた。1928 年夏、実験室を片付けていた彼は、たまたま、黄色ブトウ球菌を培養していたシャーレ(培地)に緑色のカビが増殖していることに気がついた。
カビの発生自体は珍しいことではないが、その周囲から細菌が消えていたのである。
フレミングは、このカビを培養し、それを濾過した液体を種々の細菌に作用させてみたところ、この液体には細菌を死滅させる効果があることを発見した。これが世界初の抗生物質「ペニシリン」である。

フレミングはペニシリンの生成に取り組むが、化学者でなかった彼は、ついに抽出ができなかった。
彼は、午後になるとチェルシー・アート・クラブで紅茶を楽しみ、仕事が終わるとビリヤードや、チェス、トランプに興じ、ビールを 1 杯飲んで帰宅するというお気楽な研究者であったと伝えられている。家族とともに夕食をとり、週末は郊外で過ごし、休暇も家族サービスに使ったという。
ペニシリンの発見はセレンディピティだったとも言われる。

それから 10 年の歳月が流れた 1939 年、オックスフォード大学のハワード・フローリーエルンスト・ボリス・チェーンが、カビの培養液からペニシリンを抽出することに成功した。折しも第二次世界大戦が始まり、彼らが生成したペニシリンは、多くの負傷兵や戦傷者の命を救った。
この功績により、1945 年、フレミング、フローリー、チェーンは、ノーベル医学生学賞を共同受賞した。

この時代の世界

1825 1875 1925 1975 2025 1928 ファシスト党による一党独裁 1883 1945 ムッソリーニ 1928 ペニシリンの発見 1881 1955 アレクサンダー・フレミング 1906 1979 エルンスト・ボリス・チェーン 1898 1968 ハワード・フローリー 1934 ヒトラー総統の登場 1889 1945 アドルフ・ヒトラー 1918 トゥーレ協会結成 1875 1945 ゼボッテンドルフ男爵 1914 1918 第一次世界大戦 1939 1945 第二次世界大戦 1920 国際連盟の創設 1919 ベルサイユ条約 1863 1945 ロイド・ジョージ 1922 ツタンカーメンの墓の発掘 1874 1939 ハワード・カーター 1859 1941 ヴィルヘルム2世 1912 タイタニック号が沈没 1911 南極点に史上初めて到達 1909 北極点に史上初めて到達 1851 1940 オリバー・ロッジ 1874 1937 マルコーニ 1858 1947 マックス・プランク 1871 1937 アーネスト・ラザフォード 1868 1951 アルノルト・ゾンマーフェルト 1885 1962 ニールス・ボーア 1887 1961 エルヴィン・シュレーディンガー 1901 1954 エンリコ・フェルミ 1879 1955 アルバート・アインシュタイン 1905 「特殊相対性理論」の発表 1916 「一般相対性理論」の発表 1927 航空機による大西洋横断 1889 1951 ウィトゲンシュタイン 1918 シベリア出兵 1900 北清事変 1923 ミュンヘン一揆 1930 第1回FIFAワールドカップ開催 1935 シュレーディンガーの猫 1909 北極点に史上初めて到達 1856 1920 ピアリー 1927 航空機による大西洋横断 1928 ディズニーアニメにミッキーマウス登場 1901 1966 ディズニー 1930 冥王星の発見 1929 暗黒の木曜日 1934 日米親善野球 1903 人類初の動力飛行に成功 1871 1948 オービル・ライト 1878 1930 カーチス 1872 1933 カルビン・クーリッジ 1874 1964 フーヴァー 1868 1938 ジョージ・ヘール 1866 1946 H.G.ウェルズ 1882 1945 ロバート・ゴダード 1934 日米親善野球 1865 1950 長岡半太郎 1866 1957 山田寅次郎 1909 1948 太宰治 1879 1926 大正天皇 1928 昭和天皇、即位の大礼 1927 昭和金融恐慌 1927 日本初の地下鉄 1854 1936 高橋是清 1925 ラジオ放送開始 1925 普通選挙法成立 1923 関東大震災 1918 シベリア出兵 1913 大正政変 1909 伊藤博文の暗殺 1901 八幡製鉄所が操業開始 1900 雑誌「明星」創刊 1878 1942 与謝野晶子 1873 1935 与謝野鉄幹 1862 1922 森鴎外 1847 1934 東郷平八郎 1852 1931 北里柴三郎 1852 1933 山本権兵衛 1855 1932 犬養毅 1900 北清事変 1894 1895 日清戦争 1928 張作霖爆殺事件 1931 満州事変 1918 シベリア出兵 1904 1905 日露戦争 1905 1919 ロシア革命 1905 血の日曜日事件 1917 十月革命 1917 二月革命 1870 1924 レーニン 1879 1940 トロツキー 1879 1953 スターリン 1868 1918 ニコライ2世 1872 1916 ラスプーチン 1857 1935 ツィオルコフスキー 1909 伊藤博文の暗殺 1911 辛亥革命 1866 1925 孫文 1859 1916 袁世凱 1900 北清事変 1900 1901 義和団の乱 1894 1895 日清戦争 1927 上海クーデター 1863 1914 フランツ・フェルディナント 1867 1934 マリー・キュリー 1881 1938 ムスタファ・ケマル 1922 1923 トルコ革命 1897 1945 チャンドラ・ボース 1931 ガンジー・アーウィン協定 1869 1948 ガンジー 1881 1959 アーウィン 1911 南極点に史上初めて到達 1872 1928 アムンゼン Tooltip

参考書籍

表紙 ムッソリーニ―ファシズム序説
著者 木村裕主
出版社 清水書院
サイズ 全集・双書
発売日 1996年03月
価格 918円(税込)
rakuten
ISBN 9784389411305
「古代ローマの栄光」を夢みて、イタリアの若き日のベニート・ムッソリーニは「すべては国家の中にこそ存在する。人間も精神も国家を離れては存在しえない」とするファシズム全体主義を創始し、「ファシズムは実践である」と政治に乗り出す。その姿をドイツのアドルフ=ヒトラーは羨望の目で仰ぎ見ていた。やがて英米仏の先発資本主義国に追いつこうとするそのイタリアとともに、同じ後発資本主義国ドイツ、日本が手を結び、歴史は史上最大の第二次世界大戦へとつき進む。結果は日独伊の全体主義体制が英米仏などの民主主義体制に敗北する。だがその後も、ファシズム思想とその手法は、さまざまの姿や形を変えて生き続けている。いまここにムッソリーニが展開した政治過程をみることにより、我々はファシズムの何たるかを歴史に即して理解することができる。
 
表紙 ムッソリーニとファシズム
著者 ポール・ギショネ/長谷川公昭
出版社 白水社
サイズ 新書
発売日 1974年12月
価格 1,027円(税込)
rakuten
ISBN 9784560055663
 
(この項おわり)
header