西暦1967年 - 愛新覚羅溥儀が死去

ラストエンペラーの死
清朝皇帝時代の溥儀
1967 年(昭和 42 年)10 月 17 日、清朝第12 代にして最後の皇帝(ラストエンペラー)愛新覚羅溥儀 (あいしんかくらふぎ) が中国で他界する。

溥儀は、1906 年(明治 39 年)、第11 代皇帝光緒帝 (こうしょてい) の弟である愛新覚羅載灃 (あいしんかくらさいほう) と、光緒帝の従兄弟で、西太后の腹心栄禄の娘である瓜爾佳氏・幼蘭の子として、北京に生まれる。
義和団の乱、北清事変の後も勢力を保っていた西太后は、1908 年(明治 41 年)、光緒帝の後継者として溥儀を指名する。こうして溥儀はわずか 2 歳 10 か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12 代・宣統帝 (せんとうてい) となった。
1911 年(明治 44 年)に辛亥革命が勃発すると、清朝政府は反乱鎮圧のために袁世凱 (えんせいがい) の武力に頼らざるを得なかった。
1912 年(大正元年)、孫文 (そんぶん) は革命政府を維持するため、宣統帝の退位と引き換えに袁世凱に総統の座を譲る。ここに、秦の始皇帝以来つづいてきた皇帝による王朝の支配体制が終わることになる。

その後も溥儀は宦官らと紫禁城での生活を続けており、1919 年(大正 8 年)には、中国語に堪能であったスコットランド人のレジナルド・ジョンストンを家庭教師として招聘した。溥儀は紫禁城内で生活をしながらも、ジョンストンがもたらした西欧風の生活様式と思想の影響を受けることとなる。
1922 年(大正 11 年)には、満洲旗人の婉容 (えんよう) を皇后に、蒙古旗人の文繍 (ぶんしゅう) を第二夫人として迎えた。

一方、中国国内では軍閥同士による内戦が続いており、1924 年(大正 13 年)、ついに溥儀一族は紫禁城から強制退去させられた。
溥儀は 1923 年(大正 12 年)の関東大震災の際に日本に支援金を送っており、これが縁で北京の日本公使館に入り、日本政府による庇護を受けることになる。
満洲国皇帝時代の溥儀
1932 年(昭和 7 年)、関東軍が満洲国建国宣言を行い、溥儀は満州国の執政に就任した。
かねてから中国皇帝への復位を望んでいた溥儀は、1934 年(昭和 9 年)、満州国皇帝の座につき、康徳帝 (こうとくてい) となる。だが実際には関東軍の傀儡政権であった。
1935 年(昭和 10 年)、溥儀が昭和天皇の招待により日本を国賓として公式訪問する。昭和天皇自らが東京駅まで溥儀を迎えに行くという、日本の歴史上無い異例の歓待を行なった。
1945 年(昭和 20 年)8 月 15 日、日本がポツダム宣言を受け入れ太平洋戦争が終結したことを受け、8 月 18 日未明、溥儀自らが満洲国の消滅を宣言し、満洲国皇帝を退位した。
溥儀は日本への亡命を望んでいたが、途中、ソ連軍に捕らわれてしまう。その後、溥儀や溥傑ら旧満州国宮中一行はソ連極東部のチタとハバロフスク強制収容所に収監された。

1950 年(昭和 25 年)、中華人民共和国が成立すると、一行の身柄は中国共産党に引き渡される。その後、裁判で裁かれることもないまま、戦犯として再教育を受ける。
1959 年(昭和 34 年)、模範囚として特赦された。なお、溥儀とともに収容所に収監されていた溥傑も翌年釈放された。
溥儀は、収監されていたときから便宜を計らってもらっていた周恩来首相と相談し、一般市民として北京植物園での庭師としての仕事に就く。

中国を文化大革命の嵐が覆う中、溥儀は癌に罹った。かつての清朝皇帝の治療を行って紅衛兵たちに攻撃されることを恐れた多くの病院から入院を拒否されたが、ようやく周恩来の指示で北京市内の病院に入院することになった。すでに癌は末期状態で、1967 年(昭和 42 年)に他界した。
晩年にチキンラーメンを好物とし、死ぬ間際に愛新覚羅浩に「日本のチキンラーメンを食べたい」と語っていたという。

1987 年(昭和 62 年)、溥儀の生涯を描いた映画「ラストエンペラー」が公開された。この作品で音楽を担当した坂本龍一は、日本人初のアカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞した。
1875 1925 1975 2025 1967 愛新覚羅溥儀が死去 1906 1967 愛新覚羅溥儀 1906 1946 婉容 1909 1953 文繡 1907 1994 愛新覚羅溥傑 1914 1987 嵯峨浩 1901 1989 昭和天皇 1911 辛亥革命 1931 満州事変 1939 1945 第二次世界大戦 1950 1953 朝鮮戦争 1893 1976 毛沢東 1898 1976 周恩来 1898 1969 劉少奇 1907 1971 林彪 1904 1997 鄧小平 1966 「ウルトラマン」放映開始 1901 1970 円谷英二 1964 東海道新幹線が営業開始 1964 東京オリンピックの開催 1954 映画「ゴジラ」封切り 1910 1997 田中友幸 1899 1972 川端康成 1960 日米新安保条約 1896 1987 岸信介 1952 サンフランシスコ講和条約 1958 チキンラーメン発売 1958 東京タワー開業 1955 自由民主党の結成 1901 1975 佐藤栄作 1946 日本国憲法の公布 1901 1989 昭和天皇 1965 1975 ベトナム戦争 1946 1954 第一次インドシナ戦争 1890 1969 ホー・チ・ミン 1963 ケネディ大統領暗殺 1917 1963 ケネディ 1962 キューバ危機 1969 人類、月に立つ 1954 ビキニ水爆実験 1908 1973 ジョンソン 1903 1995 アタナソフ 1959 キューバ革命 1928 1967 ゲバラ 1926 2016 フィデル・カストロ 1961 人類初の有人宇宙飛行 1934 1968 ユーリ・ガガーリン 1957 世界初の人工衛星 1902 1988 マレンコフ 1894 1971 フルシチョフ 1906 1982 ブレジネフ 1960 アフリカの年 1892 1975 ハイレ・セラシエ1世 1918 1970 ナセル 1948 ベルリン封鎖 1962 ベルリンの壁建設 1946 ユネスコが発足 1945 国際連合が発足 1939 1945 第二次世界大戦 1947 1948 第一次インド・パキスタン戦争 1946 1954 第一次インドシナ戦争 Tooltip

参考書籍

表紙 わが半生(上) 「満州国」皇帝の自伝
著者 愛新覚羅溥儀/小野忍
出版社 筑摩書房
サイズ 文庫
発売日 1992年12月
価格 1,296円(税込)
rakuten
ISBN 9784480026620
清朝末期、紫禁城の奥深く、最後の皇帝がわずか3歳で即位した。滅びゆく大国は、歴史の波に呑まれ、列強の手に翻弄され、皇帝溥儀は運命のままに怒涛の前半生を送る。
 
表紙 わが半生(下) 「満州国」皇帝の自伝
著者 愛新覚羅溥儀/小野忍
出版社 筑摩書房
サイズ 文庫
発売日 1992年12月01日
価格 1,080円(税込)
rakuten
ISBN 9784480026637
清朝崩壊後、日本軍が興した「満州国」の傀儡皇帝となった溥儀。三たびつかみとった皇帝の座は、しかし日本の敗戦とともに虚しく崩れ去る。待っていたのは、中華人民共和国による、戦犯としての長い「改造」期間だった。第2次大戦後、一個の人民へと急転した溥儀の、国家との、そして自己との戦いが克明に描かれる。
 
表紙 流転の王妃の昭和史
著者 愛新覚羅浩
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 1992年03月01日
価格 514円(税込)
rakuten
ISBN 9784101263113
日本が戦争の泥沼におちいりつつあった昭和12年、旧侯爵家の長女だった著者は、軍部の仕組んだ政略結婚をあえて受け入れ、満州国皇帝の弟に嫁いだ。日中の架け橋として健気にその務めを果たしながら、戦後は夫と離ればなれに動乱の満州を流浪。そして16年をへて再会。国際結婚による民族風習の違い、その後の激動する境遇の障害を乗り越えて夫婦の愛を貫いた一人の女性の感動の一生。
 

紫禁城付近の航空写真

(この項おわり)
header