西暦2001年 - 9.11全米同時多発テロ

冷戦後にはじまった対テロ戦争
9.11全米同時多発テロ
2001 年(平成 13 年)9 月 11 日、米国内でハイジャックされた旅客機が、貿易センタービル、国防総省などに激突し、3 千人の死者を出した。ブッシュ大統領は米国を狙った同時多発テロ事件と断定し、イスラム過激派組織アルカイダオサマ・ビン・ラディンらを指名手配した。
2001 年(平成 13 年)9 月 11 日、アメリカ合衆国内でハイジャックされた 4 機の旅客機のうち 2 機がニューヨークの貿易センタービルに、1 機がワシントンの国防総省に激突した。残りの 1 機は、ホワイトハウスから 240km の距離にあるペンシルベニア州シャンクスヴィルに墜落した。
この事故で、世界貿易センターの 2 棟のビルが崩壊し 2,749 人が死亡。国防総省でも 189 人が死亡した。
米国政府・ブッシュ大統領は、これはアメリカの政治・経済の中枢を狙った「同時多発テロ」であり、イスラーム原理主義者オサマ・ビン・ラディンが率いるアルカイダによる犯行であると発表した。

米国は、アフガニスタンのタリバンがビン・ラディンをかくまっているとして、2001 年(平成 13 年)10 月、アフガニスタンに大規模軍事攻撃を開始する。しかし、タリバンの掃討には至らなかった。
その後、アルカイダと結び大量破壊兵器を隠しているとして、イラクのサダム・フセイン政権を糾弾。2003 年(平成 15 年)3 月にイラク戦争を開始する。12 月、フセインは捕らわれ、2006 年(平成 18 年)12 月に処刑された。

その後ビン・ラディンは逃亡を続け、2011 年(平成 23 年)、パキスタン山岳地帯で米軍のピンポイント攻撃を受け死亡されたと報じられた。
1875 1900 1925 1950 1975 2000 2025 2050 2001 9.11全米同時多発テロ 1946 ジョージ・W・ブッシュ 1961 バラク・オバマ 1924 ジョージ・ブッシュ 1946 クリントン 1955 2011 スティーブ・ジョブズ 1950 スティーブ・ウォズニアック 1942 マイク・マークラ 1943 2005 ジェフ・ラスキン 1956 スティーブン・バルマー 1955 ビル・ゲイツ 1990 1991 湾岸戦争 1937 2006 サダム・フセイン 2003 イラク戦争 1957 2011 オサマ・ビン・ラディン 1995 阪神・淡路大震災 1995 地下鉄サリン事件 1985 日本航空123便墜落事故 1938 細川護熙 1924 村山富市 1937 2006 橋本龍太郎 1937 2000 小渕恵三 1982 PC-9801発売 1942 2007 戸坂馨 1989 ベルリンの壁崩壊 1930 コール 1917 2008 アーサー・C・クラーク 1942 スティーブン・ホーキング 1986 チェルノブイリ原子力発電所事故 1931 ゴルバチョフ 1979 スリーマイル島原子力発電所事故 1931 2007 エリツィン 1952 プーチン 1989 天安門事件 1904 1997 鄧小平 1921 2008 華国鋒 1915 1989 胡耀邦 1919 2005 趙紫陽 1926 江沢民 1926 2016 フィデル・カストロ Tooltip

参考書籍

表紙 9/11委員会レポート ダイジェスト
著者 アメリカ合衆国同時多発テロに関する独立調/松本利秋
出版社 WAVE出版
サイズ 単行本
発売日 2008年05月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784872903263
ビンラディンの攻撃対象国になっているニッポン、アメリカのもたつきから一体何が見えるのか?完璧かと思われた世界最強軍隊の本土有事への対応体制が穴だらけ。日本は世界のテロ組織との闘いに対処できるのか。
 
表紙 9.11オフィシャル・レポート
著者 シド・ジェイコブソン/アーニー・コロン
出版社 イースト・プレス
サイズ 単行本
発売日 2007年09月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784872578096
9.11テロは、なぜ阻止できなかったのか?事件後に設立された「独立調査委員会」が、これまで隠蔽されていた“病めるアメリカ”の実態を浮き彫りにした。危機管理の不徹底、FBIとCIAの連携の悪さなどを指摘した500ページに渡る『最終報告書』を、オールカラーコミック化。
 
(この項おわり)
header