キーボード「TK-FBP017EBK」をAndroidで使う

2011年8月 購入
Bluetoothキーボード「TK-FBP017EBK」
Android タブレット「SMT-i9100」で日本語入力するときのキーボードとして、「TK-FBP017EBK」(エレコム製)を購入した。

最初に断っておくと、この製品は iPhone/iPad など iOS デバイス向けの Bluetooth キーボードで、Android で使うには1つだけ無理がある。それは Delete キーが使えないことだ。
iOS用なので BS キーも付いていない。CTRL キーとのコンビネーションも用意されていない。したがって、文字修正がしたかったら、画面のソフトウェアキーボードに触れなくてはならない。
また、HID(Human Interface Device)プロファイルのみの対応なので、古い Android で SPP(Serial Port Profile)しか使いない場合はキー入力そのものができない(SMT-i9100 は HID に対応している)。
これらを承知していれば、入力はしやすいし、持ち運びも楽なキーボードである。
関連商品icon
Bluetoothキーボード「TK-FBP017EBK」
大きな特徴は、本体を 2 つ折りにできること。
折りたたんだときには幅 146.2mm×奥行99.3mm×高さ 21.9mm と、タブレットより小さくなる。
駆動は単 4 形アルカリ乾電池が 2 本で、バッテリー込みの重量は約 200g。
Bluetoothキーボード「TK-FBP017EBK」
開いた状態でメカニカルロックをかけると、膝の上に置いても平面状態を保つことができる。キーピッチは 18mm、キーストロークは 2.3mm と、モバイル PC 並の値を確保している。

キーボードをペアリングしたら、電源 ON状態で一定時間入力がなくなると、自動的に省電力モードに入る。シフトキーなどを数回叩いてやると、すぐに接続状態に戻る。電池は約 3 ヶ月持つという。
キーボード本体にスタンドが内蔵されているが、これはスマートフォンを立てるのが精一杯。タブレットでは重すぎて倒れてしまう。
一番上の写真でスタンドにしているのは、タブレット PC用コンパクトスタンド「BSIPD11ST」である。

スエード調の専用ケースが付属するが、別途ポーチを購入したので使っていない。
(この項おわり)
header