電波時計と標準電波

(1/1)
2016 年(平成 28 年)現在、国内で出荷される腕時計の約 2 割、置き時計の 3 割超が電波時計という。電波時計は、標準電波を受信し時刻の誤差を自動修正する機能を持つ。

標準電波

標準電波は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が運営しており、国内に 2 カ所ある。1 つはおおたかどや山標準電波送信所(福島県、1999 年(平成 11 年)送信開始)、もう 1 つははがね山標準電波送信所(佐賀県、2001 年(平成 13 年)送信開始)だ。それぞれ違う周波数の電波を飛ばすことで日本全国をカバーしている。

標準電波は、セシウム原子時計により、正確な周波数と時刻で送信している。
おおたかどや山は 40kHz、はがね山は 60kHz の長波を使って送信している。長波は地表に沿って伝わるので、電離層伝搬による短波よりは受信状況が安定しており、時刻の精度も高くなる。また海面下数十メートルを潜行する潜水艦にも届く。

1秒は、セシウム原子が 91 億 9263 万 1770 回振動する時間と国際的に定義されており、セシウム原子時計は 10 万年に 1秒しか狂わないとされている。原子時計は、おおたかどや山に 1 台、はがね山に 4 台、さらに NICT 本部にある 18 台と相互チェックを行い、100 万年に 1秒の誤差しか生まないようになっている。

参考サイト

(この項おわり)
header