ユザワヤ吉祥寺店は世界のホビーハウス

2010年4月9日 撮影
ユザワヤ吉祥寺店
1996 年(平成 8 年)5 月に開店したユザワヤ吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺南町2 丁目1-25)は、2010 年(平成 22 年)2 月末に閉店した。入居している京王吉祥寺駅ビルの建て替え工事のため。

それまでは丸井に店舗を構え、「ユザワヤ吉祥寺丸井店」として営業を続ける。店舗面積は吉祥寺店の 3 割と小さいが、、取り扱い商品、什器、陳列方法などの見直しを行い、主力商品の手作りホビー関連商品は従来同様の品揃えを行うという。
ユザワヤ吉祥寺店の大きな写真大きな写真
(1200×1600 ピクセル, 490 Kbyte)
巨大ヒツジ時計 - ユザワヤ吉祥寺店
ユザワヤ吉祥寺店のトレードマークとなっている巨大なヒツジ時計。

毎時 0 分になると、編み針が動き出す。
ユザワヤ吉祥寺店
ユザワヤは、1955 年(昭和 30 年)10 月、東京・蒲田にて湯沢屋毛糸店として創業した。屋号は創業者の妻の旧姓に由来するという。
毛糸・布地など服飾材料の格安販売にはじまり、のちに手芸関連として工芸・園芸・文具・模型などのホビー材料などに手を染め、布地関連として紳士服地や紳士・婦人服のイージーオーダーなどにも販路を広げた。キャッチフレーズは、世界のホビーハウスだ。

首都圏を中心に 21 店舗を展開している。
ユザワヤ吉祥寺店
この場所は、もともとは多摩青果市場だったが、1970 年(昭和 45 年)にテナントビル「ターミナルエコー」が開業した。当初は賑わいをみせていた。ところが、国際航業が絡んだイトマン(伊藤萬)事件で地上げの対象になり、その後焦げ付いたために店子が次々と出ていってしまった。
その後 20 年近く放置されたままで、いつしか「幽霊ビル」と呼ばれるようになっていた。
工事中のユザワヤ吉祥寺店
なにしろ古いビルなので、天井は低いし、エスカレータの位置もおかしい。だが、それがユザワヤに似合ってるように感じる。吉祥寺駅やロンロンに直結しており、雨に濡れずに買い物できるのも良い。

2010 年(平成 22 年)11 月現在、旧ユザワヤビルはテントで覆われている。
工事中のユザワヤ吉祥寺店
いよいよ解体工事が始まるようだ。

2014 年(平成 26 年)4 月、あらたにオープンしたキラリナ京王吉祥寺9階に入った。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:ユザワヤ吉祥寺店

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header