ワイキキトロリーはホノルルの観光名所をめぐる

日本語アナウンスが流れ、初めてのハワイ旅行でも安心
ワイキキトロリー
2013年6月14日 ワイキキ 写真:パパぱふぅ
ワイキキトロリーは、ホノルルの観光名所やショッピングスポットをめぐる乗り合いバスで、日本語アナウンスが流れ、初めてのハワイ旅行でも安心して利用できる。
ワイキキトロリーの大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 601 Kbyte)
ワイキキトロリー
2013年6月14日 ワイキキ 写真:パパぱふぅ
サンフランシスコのケーブルカーをモデルにデザインされ、この日はONE PIECE のラッピングをしたワイキキトロリーが走っていた。
ワイキキトロリーは、1986 年(昭和 61 年)に営業を開始した。最初はロイヤルハワイアンセンター、ホノルル動物園、ワイキキ水族館、アラモアナセンターを巡回するコースだった。

現在は、4 つの色別のコースが設定されている。
ハワイ歴史観光コース(赤)は、ワイキキを出発してホノルル美術館、イオラニ宮殿などダウンタウンやチャイナタウンの観光スポットを 1 周約 80 分、約 40 分間隔で運行する。
ダイヤモンドヘッド観光コース(緑)は、ワイキキからホノルル動物園、ワイキキ水族館、ダイヤモンドヘッドを経由してカハラモールまで走行。土曜には人気の朝市、KCC ファーマーズ・マーケットにも停車する。1 周約 70 分、約 35 分間隔で運行。
ワイキキ・アラモアナショッピングコース(ピンク)は、ワイキキのホテルとアラモアナセンターを約 1 時間で循環。アラモアナセンターの営業時間に合わせて、約 10 分間隔で運行している。
パノラマコーストラインツアー(青)は、2013 年(平成 25 年)6 月に営業開始したコースで、展望台や有名ビーチが連なる東海岸線を 2階建バスでドライブする。1 日 3 便。
【撮影場所:ワイキキ】
(この項おわり)
header