大船渡線 BRTはバス専用道を走行

東日本大震災による不通区間を代行輸送
大船渡線 BRT
2014年8月19日 盛駅 写真:こぱふぅ
大船渡線 BRT
2019年8月26日 陸前高田駅 写真:こぱふぅ
JR 大船渡線は、東北本線・一ノ関駅と盛駅を結ぶ 105.7km の鉄道路線だが、2011 年(平成 23 年)3 月 11 日の発生した東日本大震災で気仙沼 - 盛間の 43.7km が不通となっている。
大船渡線 BRTの大きな写真大きな写真
(1920×1282 ピクセル, 1034 Kbyte)
大船渡線 BRT
2019年8月25日 気仙沼駅 写真:こぱふぅ
2013 年(平成 25 年)3 月 2 日から、仮復旧としてBRT(bus rapid transit;バス高速輸送システム)を導入している。線路敷きを舗装してバス専用道路とし、そこを走るので、渋滞や信号停止がなく、定時運行できるというもの。盛駅から約 1 時間強で気仙沼駅に到着する。
大船渡線 BRTの大きな写真大きな写真
(1920×1110 ピクセル, 990 Kbyte)
写真は、日野自動車のハイブリッドバスである。
(この項おわり)
header