ソウル市バスは色によって料金が変わる

143番は人気路線
ソウル市バス 143番
2018年9月5日 ソウル市内 写真:こぱふぅ
ソウル市バスは、青(長距離を走る幹線バス)、緑(幹線バスと地下鉄を連結)、マウルバス(緑、短距離・低料金)、黄(循環バス)、赤(急行バス)に色分けされており、地下鉄が届いていない市内隅々へ移動することができる。
ソウル市バス 143番の大きな写真大きな写真
(1920×1410 ピクセル, 1336 Kbyte)
写真の 143番は、とくに人気路線で、約 300 店が入店するショッピングモールCOEX (コエックス) から、芸能人が出没するという清潭洞 (チョンダムドン) 狎鴎亭 (アックジョン) を通り、観光スポットの明洞 (ミョンドン) 、市場グルメの広蔵市場 (クァンジャンシジャン) 、演劇で有名な大学路 (テハンノ) を走行する。

前乗り、後ろ降りが基本で、乗って直ぐにうんちを支払う。前述のバスの色によって料金が変わる。現金での支払いも可能だが、交通カード「T-money カード」を持っておくと便利。
 関連

参考サイト

(この項おわり)
header