ゆりかもめ 7000系 は完全無人の新交通システム

2006年4月に豊洲駅まで延伸
ゆりかもめ 7000系
2009年7月20日 竹芝駅 写真:こぱふぅ
ゆりかもめ 7000 系電車は、東京臨海新交通臨海線(通称「ゆりかもめ」)を走行する新交通システム用車両である。1995 年(平成 7 年)、ゆりかもめ開業でデビューした。
ゆりかもめ 7000系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 386 Kbyte)
ゆりかもめ 7000系
2009年7月20日 竹芝駅 写真:こぱふぅ
ATO による無人運転だが、先頭車両にはワンハンドルマスコンを装備し、乗務員による手動運転も可能となっている。乗務員の手動運転車両に乗車したことがあるが、自動運転の時より加速/減速が大きいように感じた。
竹芝駅付近では工事をしていた。
7000系-ゆりかもめ
2002年1月13日 新橋駅 写真:パパぱふぅ
ゆりかもめは、東京臨海新交通臨海線の愛称である。1995 年(平成 7 年)に新橋駅~有明駅間が開業し、2006 年(平成 18 年)4 月に豊洲駅まで延伸した。
ゆりかもめ
2002年1月13日 東京テレポート駅 写真:パパぱふぅ
先頭車両から見える湾岸の景色はなかなかのもの。
しかし、スピードも輸送力も弱く、通勤に利用するのは厳しそうだ。
ゆりかもめ関連
(この項おわり)
header