東京モノレール 1000形 は6両固定編成

経営はJR東日本傘下へ
東京モノレール 1000形
2016年11月12日 写真:こぱふぅ
東京モノレール1000 形は、1989 年(平成元年)7 月にデビューした。当初はクリーム色に赤帯の塗装だったが、2000 年(平成 12 年)12 月より青、白、オレンジの 3色の塗装へ変更されている。
東京モノレール 1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1518 Kbyte)
東京モノレール 1000形
2016年11月12日 写真:こぱふぅ
それまでの車両は 2 両、3 両の編成を組み合わせて最大 6 両での運転としていたが、この 1000 形ははじめから 6 両の固定編成で製造された。6 両全車両が電動車で最高速度は 80km/h。
東京モノレール 1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1686 ピクセル, 1681 Kbyte)
東京モノレール 1000形
2016年11月12日 写真:こぱふぅ
また近年は編成全体を広告車両とした車両も登場しており、ロッテのガムの広告車として 2編成が青と緑一色の塗装に変更された。現在は広告掲載はしていないが塗装はそのままとなっている。
東京モノレール 1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1417 Kbyte)
東京モノレール 1000形
2016年11月12日 写真:こぱふぅ
1959 年(昭和 34 年)8 月 7 日に設立された大和観光は、その後、日本高架電鉄、東京モノレール株式会社と商号変更し、1964 年(昭和 39 年)9 月 17 日にモノレール浜松町駅~羽田駅間が開業した。
東京モノレール 1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1496 Kbyte)
東京モノレール 1000形
2005年6月3日 羽田空港第二ビル駅 写真:こぱふぅ
2002 年(平成 14 年)に株式が日立物流から東日本旅客鉄道(JR 東日本)に譲渡され、現在は東日本旅客鉄道の傘下の会社となっている。 現在の株式所有率は、東日本旅客鉄道70%、日立製作所 12%、日本航空9%、全日本空輸9%である。

東京都内の私鉄であるが、パスネットは使えない。その代わりに JR 東日本の Suica は利用可能となっている。
2004 年(平成 16 年)12 月 1 日に羽田空港駅〜羽田空港第2 ビル駅間が開業。羽田空港駅は羽田空港第1 ビル駅へと改称した。
東京モノレール 関連
(この項おわり)
header