ED42形電気機関車はアプト式

1934年に製造開始
ED42形電気機関車
2012年8月17日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
ED42 形は、碓氷峠の急勾配区間を牽引するアプト式電気機関車である。スイスから輸入した ED41 形を参考に設計され、1934 年(昭和 9 年)から 1948 年までに 28 両が製造された。

信越本線の碓氷峠区間(横川駅~軽井沢駅)は最大 66.7‰という桁外れの急勾配になっていたため、車輪の空回りを避けるため、明治時代から補助レールに機関車の歯車を噛み合わせて運行するアプト式で運行していた。
ED42 形は往時には 4 両連結し、編成重量360t の列車を牽引した。
ED42形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1489×1920 ピクセル, 1974 Kbyte)
鉄道展示館(旧検修庫)に展示されている写真の車両は ED42 形 1 号機関車で、1967 年(昭和 42 年)に準鉄道記念物に指定されている。
ED42形 関連
(この項おわり)
header