EF53形 電気機関車はお召し列車用

性能と信頼性が評価
EF53形 電気機関車
2016年9月11日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
EF53 形は、EF52 形を基本に改良を重ね、旅客列車用として 1932 年(昭和 7 年)に製造開始した直流用電気機関車である。
その高い性能と高い信頼性が評価され、1933 年(昭和 8 年)にはお召し列車用の機関車に指定された。
EF53形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1585 ピクセル, 1856 Kbyte)
EF53形 電気機関車
2012年8月17日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
主電動機は MT17×6 基、出力は 1,350kw である。最高速度は 95km/h、全長19.9m、自重98.9t である。
写真の EF53 2 は、1932 年(昭和 7 年)5 月に製造され、1985 年(昭和 60 年)2 月に廃車となった。
EF53形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(1600×1300 ピクセル, 649 Kbyte)
EF53形 関連
(この項おわり)
header