EF30形 電気機関車は、関門トンネル専用

塩害腐食を防ぐためのステンレス車体
EF30形 電気機関車
2012年8月17日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
EF30 形は、関門トンネル専用機関車として、1960 年(昭和 35 年)に製造開始した交直流両用電気機関車である。海水による塩害腐食を防ぐため、ステンレス車体が採用されている。
写真の EF30 20 は、1968 年(昭和 43 年)10 月に製造され、1986 年(昭和 61 年)12 月に廃車となった。
EF30形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(1600×1402 ピクセル, 771 Kbyte)
EF30形 電気機関車
2016年3月21日 和布刈公園 写真:こぱふぅ
写真の試作車EF30 1 は、1960 年(昭和 35 年)3 月に製造され、1978 年(昭和 53 年)12 月に廃車となった。
現在は、和布刈公園に静態展示されている。
EF30形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2271 Kbyte)
直流電化区間である関門トンネルと交流電化区間の門司駅を直通可能で、関門トンネル内の 22‰勾配において重連で 1,200t貨物列車の牽引が可能な性能を備える交直流電気機関車として開発された。
主電動機は MT51×3 基で、出力は 1,800kw。最高速度は 85km/h、全長16.6m、自重96t である。

参考サイト

EF30形 関連
(この項おわり)
header