EF81形 電気機関車は三電源方式

1968年に登場以来166両が製造
EF81形 電気機関車
2013年7月30日 信越本線 帯織~見附駅間 写真:こぱふぅ
EF81 形電気機関車 は、50Hz および 60Hz の交流電化区間と直流電化区間を直通して走行できる三電源方式の電気機関車として 1968 年(昭和 43 年)に登場し、全国で幅広く活躍している。
EF81形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 564 Kbyte)
EF81形 電気機関車
2013年7月30日 信越本線 青梅川~鯨波駅間 写真:こぱふぅ
1979 年(昭和 54 年)までに 156 両が製造されたが、JR貨物では増大する輸送量に対応するため 1989 年(平成元年)から 8 両を追加製造した。
EF81形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 979 Kbyte)
EF81形 電気機関車
2013年7月30日 信越本線 青梅川~鯨波駅間 写真:こぱふぅ
その汎用性の高さと後継機開発の遅延もあり、1990 年代まで全機が引退することなく活躍を続けた。
EF81形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 834 Kbyte)
EF81形 電気機関車
2013年12月17日 島本駅 写真:こぱふぅ
JR貨物は、線区ごとに運用する機関車を区別している。
EF81 形は、日本海縦貫線(青森―秋田―新潟―直江津―近畿地方)及び下関―門司―福岡で運用されている。
EF81形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 736 Kbyte)
EF81形 電気機関車
2014年11月4日 写真:こぱふぅ
写真は、JR 東日本のジョイフルトレイン「スーパーエクスプレス レインボー」牽引用に塗装変更された車両である。側面に大きく EF81 と描かれるのが特徴だ、
EF81形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2031 Kbyte)
EF81形 電気機関車
2016年3月16日 新鳥栖駅~肥前麓駅間 写真:こぱふぅ
450番台は、1991 年(平成 3 年)のダイヤ改正で関門トンネルの輸送力増強のために 5 両が製造された。
EF81形 電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1710 ピクセル, 1559 Kbyte)

参考サイト

EF81形 関連
(この項おわり)
header