札幌市電 210形は丸みの多い札幌スタイル

1958年に登場
札幌市電 210形
2013年8月15日 すすきの停留場 写真:こぱふぅ
240形は、札幌市交通局が1958年(昭和33年)に6両を製造した路面電車である。

すべて北海道内で製造されており、丸みの多い正面1枚窓の独特のデザインは札幌スタイルと呼ばれる。

全長12.5メートル、定員は100人。
札幌市電 210形の大きな写真大きな写真
(1920×1536ピクセル, 909 Kbyte)
札幌市電 関連
(この項おわり)
header