C58形蒸気機関車は安定した性能を誇る

お召し列車を牽引したことも
C58形蒸気機関車
2014年8月18日 一関文化センター 写真:こぱふぅ
C58 形蒸気機関車は、1938 年(昭和 13 年)から 1947 年にかけて 427 両が製造された。全国に配備された客貨両用の機関車で、その安定した性能からお召し列車を何度か牽引している。
写真は、一関文化センターに保存されている C58 ・ 103 号。
C58形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(1225×1600 ピクセル, 871 Kbyte)
この機関車は 1938 年(昭和 13 年)12 月に製造され、福島県会津若松をはじめ、宮古、一関、盛岡、八戸などの機関区を転々とした。とくに一関機関区では 1950 年(昭和 25 年)から 18 年にわたり大船渡線で活躍し、経済の発展に貢献した。
これを記念し、1972 年(昭和 47 年)に引退した後に整備され、現在地に永久保存されることになった。
C56形 関連
(この項おわり)
header