熊本市電1350形は熊本国体に合わせて製造

1960年にデビュー
熊本市電1350形
2016年3月19日 熊本駅前電停 写真:こぱふぅ
熊本市電 1350 形は、熊本市交通局の路面電車で、1960 年(昭和 35 年)、熊本国体に合わせて製造された。全長12 メートル、全幅 2.3 メートル、定員は 69 人(座席 32)である。

1967 年(昭和 42 年)にワンマン化改造、1979 年(昭和 54 年)に冷房か改造が行われた。
モータリゼーションの煽りで、この形式を最後に、1982 年(昭和 57 年)まで車両の新造が中断された。
熊本市電1350形の大きな写真大きな写真
(1920×1857 ピクセル, 1305 Kbyte)
熊本市電 関連

参考サイト

(この項おわり)
header