キハ07形気動車はレトロモダンな流線型

大都市近郊路線用として1951年に再生改造
キハ07形 気動車
2016年3月21日 九州鉄道記念館 写真:こぱふぅ
キハ 07 形気動車は、国鉄が 1951 年(昭和 26 年)に再生改造した気動車である。旧形式名はキハ 42500 形(2 代目)で、1957 年(昭和 32 年)の称号改正でキハ 07 形に改称された。
ベースとなったキハ 42500 形(2 代目)は 1937 年(昭和 12 年)の製造で、当時流行だったレトロモダンな流線型を採用している。戦前の代表的な機械式気動車で、連結運転の時には双方の運転士が合図しながらクラッチを切り換えていた。
キハ07形 気動車の大きな写真大きな写真
(1395×1920 ピクセル, 1084 Kbyte)
キハ07形 気動車
2016年3月21日 九州鉄道記念館 写真:こぱふぅ
車内はボックスシートだが、現在のものよりかなり小さい。大都市近郊路線で運用したため通路幅の確保が必要だったと思われるが、現代の日本人の体格では 2 人で座るのは無理である。
1952 年(昭和 27 年)にガソリンエンジンとディーゼルエンジンに変更し、1957 年(昭和 32 年)には豊後森機関区に配置され、宮原線で運用されていた。1969 年(昭和 44 年)に引退し、大切に保管されてきた。

参考サイト

(この項おわり)
header