網走流氷観光砕氷船 おーろら

網走流氷観光砕氷船 おーろら
網走流氷観光砕氷船 おーろら
網走流氷観光砕氷船 おーろらは、道東観光開発株式会社が 1991 年(平成 3 年)から運航開始した観光船である。毎年 1 月中旬から 3 月まで運航されており、網走港から約 1 時間の流氷クルーズに出ている。
網走流氷観光砕氷船 おーろらの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1358 Kbyte)
網走流氷観光砕氷船 おーろらII
網走流氷観光砕氷船 おーろら II
全長45 メートル、全幅 10 メートル、総重量は 491 トンで、最大定員は 450 名。
南極観測船「しらせ」と同様、船首部で流氷の上に乗りかかり、船体の重みで氷を押し下げて割りながら前進する。最大で約 80 センチの氷を砕くことができる。
網走流氷観光砕氷船 おーろらIIの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1630 Kbyte)
砕氷能力を最大限発揮できるよう、船首部分は氷に乗りかかりやすい形になっている。また、船体を重くするため、内部には最大で 100 トンの海水をとりこめるバラストタンクを備えている。さらに、同じ大きさの船舶に比べて 2 倍の出力のエンジンを搭載している。一般船が通るための航路を確保できるよう、船体全長に比べて全幅が広めの船体構造である。
氷海中は 3 ノットというゆっくりした速度で航行する。
客室は 2階建てで、デッキに出ると、氷を砕く音を聞くことができる。

「おーろら」と「おーろら II」は姉妹船で、網走での運航が終わると、4 月から 10 月にかけては、知床観光船として周航している。
網走流氷 関連

参考サイト

(この項おわり)
header