福井鉄道 F1000形の愛称は「FUKURAM」

定員は超低床電車として国内最大
福井鉄道 F1000形
2017年9月23日 田原町駅 撮影:こぱふぅ
福井鉄道 F1000 形電車は、3車体連接・ 3 台車方式の超低床電車で、FUKURAM (フクラム)  の愛称をもつ路面電車だ。
福井鉄道 F1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1893 ピクセル, 1625 Kbyte)
福井鉄道 F1000形
2019年8月14日 福井駅停留場 撮影:こぱふぅ
全長27.2 メートル、定員 155 名(座席定員 53 名)と、超低床電車としては国内最大を誇り、2014 年(平成 26 年)の鉄道友の会ローレル賞を受賞した。オレンジ、ブルー、グリーン、さくら色に色分けされた 4編成が在籍している。

2013 年(平成 25 年)3 月 31 日に営業運転を開始し、2016 年(平成 28 年)から、えちぜん鉄道三国芦原線との相互直通運転(フェニックス田原町ライン)を行っている。えちぜん鉄道側は同じ超低床電車の L 形が運行している。
福井鉄道 F1000形の大きな写真大きな写真
(1419×1920 ピクセル, 1305 Kbyte)
愛称の FUKURAM (フクラム)  は、福井の「FUKUI」と、路面電車「TRAM」を意味しており、全体で「夢や幸せがふくらむ」を表現しているという。

車体は耐久性と保守性を考慮して耐候性鋼板 (SPA) を使用し、屋根と床板にはステンレス鋼板、先頭部分はガラス繊維強化プラスチック (GRP) 製だ。
車軸のない左右独立の車輪4輪からなるボルスタレス式ボギー台車を使用することで、レールから車内床面までの高さは、出入り口付近で 33cm と超低床になっている。
また、軸バネにゴムバネとコイルバネを併用し、ゴムを挟み込んだ弾性車輪を使用することで、乗り心地を向上させている。設計最高速度は 70km/h。
福井鉄道 F1000形

参考サイト

(この項おわり)
header