観潮船 わんだーなると

鳴門の渦潮を真上から
観潮船 わんだーなると
2017年10月14日 鳴門観光港 写真:パパぱふぅ
観潮船わんだーなるとは、鳴門観光汽船が運行する大型遊覧船で、鳴門の渦潮の真上まで進んでいく。定員は約 400 名。遊覧時間は約 30 分。40 分おきに出航しており、予約無しで乗船できる。眺めのよい 2階席は一等船室で、運賃+1,000 円が必要。
観潮船 わんだーなるとの大きな写真大きな写真
(1920×1706 ピクセル, 765 Kbyte)
うずしおくん
船内には、鳴門市のマスコットキャラクターがいた。

うずしおくんは、1996 年(平成 8 年)、鳴門市の市制施行50 周年(1997 年 5 月)の記念事業として、公募で決まった。鳴門の美しい海をイメージした青い服の胸には渦のマークを配し、頭に大鳴門橋をテーマにした冠をかぶり、マントと NARUTO の文字は、市の花「ハマボウ」の黄色を使っている。
うずひめちゃ
うずひめちゃんは、うずしおくんのパートナーとして、2012 年(平成 24 年)に誕生した。なると金時をイメージした帽子を被っている。
鳴門の渦潮 関連

参考サイト

(この項おわり)
header